【レシピ】スペインのおばあちゃんのタルト



スペインではおばあちゃんの味としてみんなだ〜い好きな、簡単タルトがあります。

スペインのおばあちゃんのタルトとは

牛乳に浸したビスケットと、パステレラクリーム(カスタード)を重ねて、チョコレートをかけて冷やして仕上げる、超簡単な素朴な味のスイーツです。

スペイン語では、Tarta de la abuela(タルタ・デ・ラ・アブエラ)と言います。

アストゥリアス、ヒホンのレストランで食べたおばあちゃんのタルト

スペインのおばあちゃんのタルトにぴったりのビスケットはこちら

「見つけたよシリーズ」と題して、日常のスーパーなどでMade in Spainの食材を探してFBに上げたりしてたのですが、

先日業務スーパーで見つけたビスケットが、まさに「おばあちゃんのタルト」にぴったりのものでした。

Chiquilinは、バスク・ビスカイヤ県のメーカーが作っているクッキーです。

おばあちゃんのタルトに必要な条件は、

  • 長方形
  • サブレ系

こちらのチキリンは、確か78円とか?だったと思います。

どうやったらスペインからきて一個70円代で売れるんだ!ということなんですが、これすっごい美味しいので、おばあちゃんのタルト作らない人も見かけたらぜひ購入してください。

スペインのおばあちゃんのタルトの作り方

<材料>4人分
カスタードクリーム(私はコーンスターチで作りました)250g
牛乳 100ccくらい(クッキー浸す用)
クッキー 14枚
チョコレート 80g
生クリーム 60cc

<作り方>
クッキーを牛乳に浸し器に並べる。
クリームを重ねて平らにならす。
クッキーを牛乳に浸しクリームに重ねる。
温めた生クリームで溶いたチョコレートを流す。
冷蔵庫で2時間以上冷やす。

我慢できなくて一時間ほどで取り出そうとして まだ柔らかくて、型から出すときに1/4くらい崩れ去りました、が、崩れて混ざっても超美味しいので問題なしですが(残りは3人前になりましたけど)、

1日冷やしたらきれいに切れたので、ちゃんと待つ事おすすめします。

分量は好きな分量で、型に合わせて。

何に飾っても可愛くなるドレンチェリーと、先日煮たオレンジ刻んで飾ってみました。

簡単で本当に本当に美味しいのと、クリームがつるんとして食後もぺろっと入っちゃうおすすめスイーツです。

クリームにレモン皮で香りを強くつけたり、シナモンを効かせたり、アニス効かせたり、色々アレンジできそう。

ちなみにオレンジの皮のせたの、やばい美味しさでした。

スペインのスイーツ好きな人はこちらもどうぞ

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です