スペイン語勉強 #15「お疲れ様でした」ってスペイン語で何て言う?



スペイン語にしづらいけど良く使うフレーズ、前回「よろしく伝えてください」をアップしました。

何て言うか覚えましたか?

様々なシチュエーションで「お疲れ様でした」感覚で使えるスペイン語を覚えましょう!

自分が仕事場や作業場から出るときの「お疲れ様でした」

¡Hasta luego!
またね!

¡Hasta mañana!
また明日!

なんだよそれかよ、というフレーズですが、実際これが使えます。

Me voy, ¡Hasta mañana!
私帰ります、また明日!


帰るはVolverじゃないの?
Volverは「戻る」(Aから出発し、Aに戻る)です。Regresarも同様の動詞で、どちらも「来たところへ戻る」「(もう一度)引き返す」を意味します。
上記の例のように、ある場所から立ち去る(それが帰宅であっても)場合には、irse を使うと自然です。

帰る人に声をかける「お疲れ様でした」

この場合は、挨拶というよりも相手の疲れをねぎらう気持ちが多めになると思うので下記フレーズがおすすめ。

¡Que descanses bien!
ゆっくり体を休めてね!

これが一番、「お疲れさまでした」のニュアンスに近い感じがしますね。

金曜日の夜なら・・

¡Que tengas buen fin de semana!
良い週末を!

この2例のように、¡Que + 接続法現在の活用! で、~してね!という呼びかけになります。

日本語特有の表現をスペイン語に訳したいときのコツ

慣用句は他の言語に訳しづらいところがありますが、うまく使えたら便利ですよね。

その慣用句を使うとき、相手に何を言いたいかを、言葉をほぐしてみると必然的にどういうフレーズを作るかが浮かびます。

お疲れ様です → 疲れているよね、休んでね。

ごちそうさまです → おいしいご飯をありがとう。

お世話になっています → いつもありがとう。

それではよろしくお願いします → 今日はありがとうございます。また会いましょう。とかなんとか

それではまた次回~

Gracias por leer, ¡Hasta la próxima!

この言葉ってスペイン語で何て言うの?という疑問・リクエストありましたらコメント欄でお気軽に!

会話力を上げたい人へおすすめスペイン語テキスト

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です