スペインを振り返る⑤マルティン・ベラサテギ(2013年収穫期の旅)

スペインを振り返る①ビルバオ(2013収穫期の旅)はこちら

スペインを振り返る②ゲタリア(2013収穫期の旅)はこちら

スペインを振り返る③サンセバスチャン(2013年収穫期の旅)はこちら

スペインを振り返る④アスティガラガ(2013年収穫期の旅)はこちら

 

ついに来ました、マルティン・ベラサテギー!

朝からシードラ醸造所・ミュージアムを見学後、バスクのチーズ村イディアサバルを訪問(イディアサバル訪問記)したのですが、その日はアスティガラガでピンチョスコンクールがあったり、イディアサバルで訪れたチーズ農家で「ベラサテギ行く金額で1ヶ月養ってやる」くらいのこと言われたので、バル巡りや更なる小さな村を訪問などに心惹かれてしまったのですが。(二日酔いの影響もあり、もうゆっくりしたかったのですね)
夕焼けのイディアサバルに後ろ髪引かれて去り、サンセバスチャンの市街へ戻り身なりを整え、向かいましたマルティン・ベラサテギ。
IMG_1594 

Martin Berasategui HPで予約できます。(スペイン語・英語・フランス語対応)

予約時間ぴったり、急いでエントランスの写真だけ撮り、中に入りましたが、レセプションで15分ほど待ちました(笑)

IMG_1595 IMG_1597 

通されたのは、薄もやの青い夕暮れの中のテラス席。9月終わりの、暑くもない寒くもない、ちょうどよい空気でした。
IMG_1598 

店内はラグジュアリーな雰囲気。
IMG_1599 IMG_1600 

スプーンがモチーフになったオブジェがかわいい。
IMG_1601

テーブルにはマルティンの写真とメニュー。この日は残念ながら、マルティンはラジオ収録のため不在でした。会いたかった!
IMG_1603

メニューを写真に取る人、うれしそうに眺める人。

IMG_1605

二日酔いに渡されたのは分厚いワインメニュー。世界各国のワインがずらり、記載されていました。
IMG_1610

ワインは、もちろん「スペインワイン」縛りでお皿に合わせてセレクトしてもらうようソムリエにお願いしました。この日テーブルを担当してくださった、ソムリエのダビースさん。セレクトしたワインを「知ってる!」というと、「じゃあ違うのにする!」と笑いながらチェンジしてくれたり、熱くバスクのチャコリについて語ってくれたり、楽しい時間となりました。
IMG_1652

予約していたコースは、「El Gran Menu Degustacion」マルティン・ベラサテギのこれまでに提供されたお料理の中から、様々な年の代表作をひとつのコースにしたものです。

血圧上がります。

 

一皿目はマルティンのスペシャリテ、青林檎とうなぎ、フォアグラのミルフィーユ。(1995)
Milhojas caramelizado de anguila ahumada, foie gras, cebolleta y manzana verde
IMG_1612 

パンは数種類からチョイスできたのですが、一番色の濃いこちらを選びました(なんか色濃いパン好き)。香ばしくした黒糖蒸しパンのような、どこか懐かしい味。
スペインのコース料理を食べるときに一番やってはいけない、パンがおいしくて最初にけっこうつまんじゃう(その後、永遠に終わらない(と思われる)お皿の数々が、間違いなく食べれなくなります)を、もれなくやってしまいました。美味しいパンは罪です。
IMG_1613

二皿目は、イカ墨のクリームがくるまれたイカラビオリに焼きヤリイカから取った出汁を注ぐ一品。
Caldo de chipirón salteado con su crujiente y ravioli cremoso relleno de su tinta(2001)
IMG_1616 

三皿目は、本当は牡蠣だったのですが、体調を考えチェンジしてもらいました。代わりに頂いたのがKokotxa(ココッチャ)、メルルーサの顎部分のV字筋肉です。ぷるっぷるのゼラチン質の身と、そのゼラチンが溶け出したふるふるなソースが絡まるバスクならではの味。
IMG_1618 

四皿目はまるでデザート?焼き黒にんにくのペーストが皿に塗られた皿に、ビーツのセビーチェ、ラディッシュのグラニテにホースラディッシュのクリーム。
Ajo negro salteado con ceviche de remolacha. Granizado de Rábano y crema raifort(2013)

IMG_1622 

五皿目、生フェンネルをお米仕立てにしたリゾットとエスプーマ
Perlitas de hinojo en crudo. en risotto y emulsionado(2009)
IMG_1624

六皿目、乾燥させた海草とフォアグラのソテー、ホースラディッシュ豆腐、しょうゆベースのスープ

Foie asado con algas reposado sobre cuajada de raifort, caldo de soja fermentado(2013)
IMG_1628

写真、取り忘れている七皿目、このあたりからもう既に、胃が「もうOKだよー」といい始めてます。
ゴロチャテギ農場の卵、液体のハーブサラダとジャガイモのカルパッチョ
Huevo “Gorrotxategui” reposado en una ensalada liquida de hiervas y carpaccio de papada(2011)

八皿目、野菜と魚介の温かいサラダ
Ensalada tibia de tuétanos de verdura con marisco. crema de lechuga de caserío(2001)
IMG_1633 

九皿目はこちらも有名な、ヒメジのかりかりうろこ焼き。
Salmonete con cristales de escamas comestibles. brotes de soja, semora de trigo y sep(2013)
IMG_1637

さて、残念ながらしつこく二日酔いの残るぐりすぺは、ワインを飲めず匂いをかぐだけという、非常に残念な結果となりました。悔しいです。「いえーーーい!」とジントニックで乾杯して調子に乗った前日の自分に頭突きしたい気分で、それは一年経った今も変わりません。
IMG_1639 

さっぱり系のお肉を食べたかったので、チョイス可能な十皿目のお肉は鳩にしました。
鳩のローストとたまねぎ、イベリコ豚のほほ肉、しょうがのジュースとケーパー
Pichón asado y cebolla con careta iberica, jugo de jengibre y alcaparra(2013)
IMG_1643 

素晴らしいお料理、しかしこの辺りで胃は「もうやめてー」と言っています。残すところあとデザート!ふんばれ胃!

デザート一皿目はきゅうりの爽やかな一品。
りんご、レモン、セロリ、きゅうりのカルパッチョ。これになんとジンのエスプーマが。香りだけで蘇る前日の楽しい記憶と朝からの苦い記憶・・・
El postre de manzana, limón, apio, pepino, ginebra y menta(2013)
IMG_1644

デザート二皿目はチョコレート、重ためか!?と気が遠くなりかけながらも、ふわっと柔らかなカフェ風味のチョコスポンジに、ウィスキーのシャーベットの大人なデザート。
Niebla de café y cacao sobre plátano con sorbete y granizado de whisky(2013)
IMG_1646 

饗宴はまだ終わらない、一家に一台欲しいプティフール台には一日これだけで大丈夫なのではというチョコレート、マドレーヌなどの焼き菓子。しょうがの焼き菓子が美味しかった、そしてこのときほど、二つ目の胃袋を欲したことはなかったです。
IMG_1649

カフェを飲んで食事終了。バスの運転手さんがお迎えに来る時間まであとわずか、ソムリエさんにお願いして館内を案内して頂くことに。
IMG_1650 

憧れのマルティンのキッチン、広いです!みなさん黙々と作業されておりました。
IMG_1654 

ぐりすぺの大好きな料理番組、「Robin food」の出演者ダビースとマルティンの絵が壁に。
IMG_1655 

IMG_1656

サプライズがあるんだというソムリエの後を着いていくと・・・・!
IMG_1657 

なんとレストラン地下には、料理番組「Robin food」のセットが!!!大好きな料理番組の収録スタジオに来れるなんて!重たい胃を引きずって階段下りた甲斐がありましたよ!
IMG_1660

興奮するぐりすぺを置いてツアーはソムリエ・ダビースさんの聖地、ワインセラーへ。
意外と小ぶりなセラーでしたが、ワインラバー垂涎の空間。ここでダビースさんのパッション爆発、好きなワインの話や、お客様にお勧めするワインのチョイス法など、色々お話聞かせてもらいました。
IMG_1671 

お腹もいっぱいだし、またテーブルへ戻ってお茶でも飲もうか~なんて気が大きくなっていますが、

またもや、運転手さんが待っている!!!!何度も携帯から「今出る!」「もう出る!」SMSを送り、名残を惜しみながらレストランを退出しました。

素晴らしいお料理とワインセレクト、そして何よりとても心地よいホスピタリティ。
(↑と書くと、なんともありきたりな安いフレーズですが、超超超超どすごいレストランでありました)

素晴らしい夜を共に過ごせた、同じ価値観を持つ友人たちにも乾杯。

次は、絶対にベストコンディションで参ります。

さて、翌日はサンセバスチャンの市街をふらり、そしてリオハへ出発!

3,504 total views, 6 views today

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*