TOURISM

スペインを振り返る②ゲタリア

ゲタリア バスクの港町

スペインを振り返る①ビルバオ編はこちら

ビスカイア県バキオのチャコリワイナリーから、ドノスティア県サラウツのチャコリワイナリー見学を終え、サンセバスチャンを目指して途中下車をしたのが大好きな港町、ゲタリア。

IMG_1026



バスク文字どころか、バスク語がそこかしこに。このタベルナ「ポリテナ」が、ゲタリアおすすめのピンチョスバルなのですが、あいにく訪問日は夜のみ営業・・・
IMG_1029

 

網焼き屋、を意味するバスク語Erretegia(エレテギア)を通り過ぎて・・
IMG_1030

 

喉の渇きMAXなので、とりあえずピンチョスが並んでいるバルへ入りました。
IMG_1033

 

飲むのはもちろん、チャコリ・デ・ゲタリア!!
IMG_1035

 

チャコリワイナリー、サンタルバの醸造家のおじ様たちと。
私だけ楽しそうな場違い女みたいになってますが、すごく優しい人たちで、盛り上がったんですよ。
IMG_1041

 

仕事が残るおじ様たちとさよならし、改めてゲタリアの観光Infoへ。
訪問ノートに、足跡残してきました↓
IMG_1048

 

チャコリで喉も潤ったので、次はウィンドウショッピングです。港に繋がるメインストリートの両脇にはお土産屋さんがたくさん。
下写真の左側、日本でも売られているチャコリ「チョミン・エチャニス」のスパークリング発見!(みんなでお金出して買いました)
IMG_1054

見たことあるもの、見たことないもの、チャコリがこんなに並んでいる幸せなガラスケース。
IMG_1055

 

そこかしこに網焼き器。Jatetxea(ハテチェア)はバスク語でレストランの意。
IMG_1056

細い建物がカラフルに連なりあうバスク漁師の町並み。日よけシェードも独特なストライプが美しいバスク生地。
IMG_1057IMG_1059
町から港へ抜ける、サン・サルバドル教会のトンネル
IMG_1060

トンネル内部の壁に、鉄細工が嵌められた小窓(上写真左側)、
中には祈祷室?が見えます。
IMG_1063

トンネルを抜けると、港を見下ろす高台に出ます。
IMG_1066IMG_1069

 

高台から港バックの購入したてのチョミン・エチャニスのスパークリング
IMG_1073

ちょっと寂れ感のあるゲタリアの港市場、現在は船の保管所等として使用されています。
IMG_1078

港の海水、きれい。
IMG_1080

 

港から見上げるゲタリアの町。
IMG_1082

寂れ感、大好きなのです。中はどうなっているのかな。
IMG_1083

大好きな東京・田原町のスペイン料理店、Amets(アメッツ)の名がついた船発見!
Ametsはバスク語で「夢」を意味します。素敵な名前ですね。
IMG_1088

港裏手のビーチで、旅1日目の夕日。海風に吹かれながら、バスクを感じます。
IMG_1092

湾の向こう側には、どこかのワイナリーが所有してるのでしょうか、斜面にぶどう畑が見えました。
IMG_1096

 

夕日をバックに、新婚カップルが写真撮影してるから
IMG_1100

独身ですが絶景バックに撮って貰いました。
IMG_1101

 

港からの帰りに、ゲタリアの有名炭焼きレストラン、EL KANO(エル・カノ)の車が。
いつか行ってみたいと思います。
IMG_1110

寂れた家、たまりませんっ
IMG_1113

港に面したレストランも訪れてみたいひとつ。
IMG_1116

たった数時間の、ゲタリア滞在は終わり。
IMG_1117

 

またゆっくりこの町並みを歩いてみたいです。途中、急ぎながら、お土産屋さんでラウブル(バスク十字)のチャームがついたブレスレットと、ベレー帽(チャペラ)を買いました。
IMG_1119

サンセバスチャンへ続く道が見えます。バスの運転手さんが待っています!
IMG_1122

次はこのビーチでもゆっくりしたいです。でもバスの運転手さんが待っています!
IMG_1123

笑顔で待っていてくれました。
IMG_1125IMG_1126

車窓から遠ざかっていく”ゲタリアのねずみ”と呼ばれる、サン・アントン山にさようなら
IMG_1127

 

ゲタリアは、サンセバスチャンから車で30分ほどで行けます。
小さいけれど、美しい港町です。

今度は絶対ゆっくりしたい!!



関連記事

  1. アストゥリアスのシードラ アストゥリアスのシードラ Sidra Asturiana 
  2. コンバッロ リアス・バイシャス遠足 おすすめ!一人45ユーロで超充実の1日になる「リアス・バイシャス…
  3. バスク ランチ バスク、シードラのメッカ・アスティガラガでランチ
  4. リベイロ スペインワイン リベイロを知る(歴史・品種・ワイナリー)
  5. サンティアゴ・デ・コンポステーラで行きたい食器屋さん 地元民御用達!サンティアゴ・デ・コンポステーラで寄りたい食器屋さ…
  6. スペイン直行便の値段 スペイン直行便の往復の値段を調べてみた
  7. へレスの景色【南にも行ってきました編】
  8. ナバーラ ナバーラ、食の秘密

コメント

    • holasol
    • 2016年 5月 16日

    はじめまして
    今週、バスク地方を旅行するものです。
    ビルバオからゲタリアを経由してドノスティアへ行きたいと思い、こちらのブログを楽しく読みました。
    教えていただきたいのですが、マイクロバスやタクシーのチャーターはどちらで予約されましたか?突然の質問で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

      • Eriko
      • 2016年 5月 20日

      こんにちは!お返事おそくなりました!
      マイクロバスのチャーターは、たしかココでした→Autocares Garcia
      http://www.autocaresgarcia.com/
      9人でマイクロバスチャーターで、3日間20万円くらいでしょうか、でも朝早くから夜遅くまで対応してくれてすごく便利でした。
      タクシーチャーターはしていないのですが、街の観光Infoに行くと、観光タクシーや、一日貸タクシーなど相談に乗ってくれるかと思います!
      マイクロバスの運転手さんとは今でも仲がいいので、もしバスを手配する際はご一報ください、アレンジできると思います!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. スペイン語勉強 #7 爪切りはスペイン語で何て言う? スペイン語で爪
  2. スペイン単語帳:Aから始まるスペイン料理用語 Aではじまるスペイン料理用語
  3. ラ・パンサ 本気のスパニッシュを銀座で食べるならココ。 ラ・パンサ 銀座 オーナー
  4. リベイロの風景 リベイロの景色
  5. スペイン単語帳:Mから始まるスペイン料理用語 Mではじまるスペイン料理用語

スペインワインを飲もう

  1. アルドアック ワイン会
  2. スペイン アンセストラル
  3. リアス・バイシャス

北スペインのおいしいもの

  1. スペインのチーズ
  2. リオハ ぶどう畑
  3. テティージャ スペインチーズ
  4. オウレンセの市場

日本のスパニッシュ

  1. 鳩ごはん アメッツ
  2. ガリシア料理 アルドアック
  3. ラ・パンサ 銀座 オーナー
  4. morimori 七里ガ浜
PAGE TOP