スペイン語で「ビールもう一杯!」は何て言う? スペイン語勉強 #10

サンティアゴ・デ・コンポステーラ バル オレジャ



こんにちは!北スペインの食と観光情報、そしてスペイン語学習に夢中なEriko(@greenspainplus)です。

Eriko
スペイン語力を活かして、これまでにスペインワインエージェント、イベント通訳、商業冊子翻訳、テレビ動画翻訳などを行うほか、マンツーマンのスペイン語レッスンを1,000件以上提供してきました。

このブログでは、スペイン語学習の独学のコツやスペイン語の使える表現を紹介していきます!

さて、スペインに行く前に絶対覚えるべき二つの単語、なんだかわかりますか?

スペインで絶対必要な二つの単語はこれだ

Cerveza ビール

Servicio トイレ

音が似ている&二つは実際セット、この二つの単語だけ覚えれば、人差し指を立てて1にするか方向をさせば飲めて用が足せる、便利な言葉です(笑)

ビールをおかわりするスペイン語を覚えよう

ビールをおかわりするスペイン語

スペイン語でビールをおかわり、それはこうやって言います!

¡Otra!

「おかわり!」

この言葉は、もうひとつの、別の を意味します。

かなりカジュアルなので、Por favorをつけると丁寧です。

Otra, por favor.

おかわり下さい。

その他の飲み物をおかわりするときは

何をおかわりするか、その物の性別によって、Otra(女性形)がOtro(男性形)になることもあります。

グラスワインもビールどちらも、女性名詞です。

ですので、どちらを飲んでいる場合も、¡Otra! で大丈夫です。

※ワインはVinoで男性名詞ですが、おかわりするのは「もう一杯」のグラス(Copa、女性名詞)なので、Otraと女性名詞で言います。

ジントニックは男性名詞なので、おかわりはOtroになります。

スペインのジントニックは強いのでおかわり気をつけてくださいね!

【PR】ガリシアのビール飲みながら練習したい人はこちら

スペイン旅行に役立つスペイン語

スペイン語旅行会話「持ち帰りをお願いする」

スペイン語の「またね」のバリエーションは無限

【PR】おすすめスペイン語勉強テキスト

サンティアゴ・デ・コンポステーラ バル オレジャ

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。