TOURISM

サンセバスチャンに行くおすすめ交通手段

サンセバスチャン

サンセバスチャンにどうやって行く?

サンセバスチャン モンテイゲルド

 

スペイン、バスク地方の美食都市サン・セバスチャン。

より本来に近い発音はサンセバスティン。(続けて発音し太文字のアにアクセント)

日本ではサンセバ、とも略したりしますが、スペインでは「サンセ」と略します。

また、バスク語ではDonosti(ドノスティ)またはDonostia(ドノスティア)と呼びます。

※DonostiとDonostiaの違いは、バスク語の冠詞(語尾につくa)が付いているか付いていないかですが(Centro Virtual Cervantesによる)、現地ではドノスティと呼ばれるほうがよく聞く気がします。

地名が二言語で書かれているのもバスク地方のバイリンガル(スペイン語ーバスク語)文化ならでは。

バスや電車の行先で「Donostia – San sebastian」と記載があっても、どちらも同じ場所なのでご安心を。



そんなサンセバスチャンに行く方法として、交通手段をおすすめ順にご紹介します。

既にスペイン各地に行く予定があり、そこから移動される際はバスや電車が使えます。

こちらは日本からサンセバスチャンを目指していく場合のおすすめの交通手段です。

 

楽!パリ経由ビルバオ空港入り→バスでサンセバスチャン

パリでなくともいいのですが(フィンエアーやKLMなどもおすすめ)バスクに近いから
サンセバスチャンにも空港はあるのですがあまり乗り継ぎが良くないのでビルバオへ
ビルバオ空港からビルバオ市街が近く、一泊しても楽しいから

ヨーロッパの都市で乗り換え、そのままビルバオ空港へ、そこからバスでサンセバスチャンへ行きます。

 

ビルバオ空港からは毎日1時間おきにサラウツ経由サンセバスチャン行きのバスが運行しています。

(平日は7時45分~23時45分発が最終、週末・祭日は6時45分~23時45分発が最終)

また、戻りはサンセバスチャンからサラウツ経由ビルバオ空港へ5時~21時最終のバス運行があります。

ビルバオーサラウツーサンセバスチャンのバス時刻表はこちらをクリック。時刻表PDFが開きます。

 

ビルバオ空港は市街まで近く、20分間隔で巡回バスも出ているので到着後も楽ちん。(運行は6時20分~24時、1,45 €.)荷物が多い・・というときは空港からタクシーでも20ユーロ程度で市街へ行けます。

夜遅く到着の場合はビルバオに一泊とり、旧市街のバルで一杯飲んで長旅の疲れを癒すのもありですよね。

 

ビルバオ市街からサンセバスチャンは、市街のバスターミナルからバスで、または近距離電車(Euskotren)でも行けます。

Euskotrenのビルバオーサンセバスチャン間時刻表はこちらをクリック。時刻表PDFが開きます。

3時間弱ありますが、景色を見ながら進む車窓の旅もなかなかです。

 

直行便利用!マドリードからバスまたは電車で行く

せっかくなので直行便でスペイン入り
長時間なので身動きできる電車は楽ちんだけど空港からRenfeの駅まで移動必要
バスなら空港ターミナル4から直接サンセバスチャン行きあり

2016年10月に約30年ぶりの成田‐マドリード間直行便が就航復活したこともあり、せっかくなのでマドリード入りにし、スペインの首都をちらり見てからサンセバスチャンに向かうのもありだと思います。

一旦マドリード市街に出る、または一泊するのであればアトーチャ駅から電車がおすすめ。

なにせバスも電車も5時間以上かかるので、狭いバスの座席よりも、座席自体広く通路も動ける電車が楽です。

マドリード空港からそのままサンセバスチャンに行きたいという場合はターミナル4から直行バスが出ます。

 

他にもバルセロナから飛行機でサンセバスチャン、フランスから陸路(バスまたは電車)でサンセバスチャン(時間は相当かかりますが憧れ)などがありますが、目的に合わせてなるべく移動中も楽しく過ごしたいですよね。

みなさんの旅が素敵なものになりますように。

サンセバスチャン



コメントを残す

*