FOOD

パンコントマテ Pan con tomate

パンコントマテ

パンコントマテ とは

カタルーニャの名物、パンコントマテ。

Pan con tomate パンとトマト

カタルーニャ語でPa amb tomaquet パントマカ。

パンとトマト という名の通り、トーストしたパンにトマトを塗ったシンプルなスナック。

バルの朝食やレストランのランチ、家庭のおやつにも万能なスナック。

アメリカ大陸からトマトが持ち込まれてからしばらくした18世紀ごろから、カタルーニャ料理にトマトが用いられるようになった。

パントマカが作られたのは19世紀ごろと言われているから、スペインの他の郷土料理と同じくそんなに古いものではない。

パンコントマテ

画像元(Wiki

ベースとなるパンは、Pa de pages(Pan de payes)パン・デ・パジェスと呼ばれる、クラムの目が細かい大きく丸いパン。

これはIGP(Identificacion geografica protegida)産地呼称を持ったパン。

Pagesは、カタルーニャ語でCampesino(カンペシーノ、田舎風)を意味し、粗野で無骨な外見をしたパンである。

皮が厚く固く焼かれるので、中のクラムがやわらかいまま日持ちする。(それでも2日ほど。スペインのパンは通常翌日には凶器になるほど固くなる)

通常流通しているのは、1kgと500gの2サイズ。

パンコントマテ

作り方のビデオが、パン生地もちもちで魅力的なので、ぜひ↓

さて、パンコントマテを作るには、1cmほどにスライス。

塗るトマトは、小粒で色が赤く、良く熟れていてジューシーなものが良い。

カタルーニャの八百屋さんでは、サラダ用のトマトとパンコントマテ用のトマトを分けて売っているという。

スライスしたパンは好みでトーストし、そこに半割りにしたトマトをすり付ける。

風味の良いアルベキーナを垂らし、あら塩を降ったらできあがり。

もちろん日本ではPan de payesは手に入らないので、いろいろなパンで試してみても良い。

個人的には、クラストがガリッとするくらいトーストしたバゲットが好み。やわらかいパンは、トマトの水分でべちゃっとなるのでおすすめしない。

このまま食べても良いし、チーズやハモン、トルティージャ、アンチョビフィレなどに添えても良い。

カタルーニャのレストランなどでは、トーストしたパン、半割りトマト、オリーブオイル、塩がテーブルに運ばれ、客が自ら作る風景も良く見られる。



コメントを残す

*