【バスクグルメ】こんな腸詰も見つけた。モンデジュア

バスク腸詰 モンデジュア



これを食べたらあなたも私もバスク通!

羊×野菜の腸詰モンデジュア

ギプスコア県(サン・セバスチャンがある県)、ゴイエッリ地方の名産、土着の羊ラチャ種の腸詰、Mondejuaがあります。

土着の羊ラチャ種の屠殺時にでる脂を利用して、ねぎ、卵などを混ぜたタネを羊の腸に詰める白バージョンと、卵や野菜は入れずに発酵させた羊の血液を使う黒バージョンがあります。どちらも腸に詰めてから2時間ほど茹でて仕上げます。

以前は屠殺時に余った様々な部位が混ざったり、衛生面からかなり味わいもどぎつかったらしいのですが、最近はとてもソフトになっているそうです。

ほんとかな〜、「発酵した羊の血液」パワーワードすぎるけれども。

https://www.instagram.com/p/BqPnV6IBiCY/

モンデジュアの作り方動画はこちらで

オールバスク語でレポート!

モンデジュアを食べるならこの祭り

毎年10月最終日曜日に、ギプスコア県南部トロサから約17kmほどの村、サルディビアで、Ardiki Eguna(アルディキ・エグーナ、バスク語で羊の日)というお祭りが開催されます。

モンデジュア選手権や地元産羊乳チーズコンテストが開催される楽しそうなお祭り、下記の動画(2013年)ではモンデジュアをその場で作るデモンストレーションなどもあり、作りたてが食べられる様子。行きた〜〜い!

バスク州政府観光局公式サイトで、2020年は10月25日に開催告知がありました!行きた〜〜〜い!

ちなみにこのお祭りが開催されるサルディビア、嘘みたいに綺麗な村なので普通に行きたい。走りたい。

もしこんな景色見たら、美味しいワイン飲めそうですよね。

View this post on Instagram

16 febrero 2020

A post shared by Mario Jauregi (@mario_jauregi) on

バスク内陸が、とってもあつ〜〜〜〜い!

バスク腸詰 モンデジュア

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です