今日はブルゴスのクラシカルバル、カーサ・パンチョに一緒に行こう(バーチャル)



先日バーチャルで訪れたブルゴスでは、ブルゴスのクラシカル代表のカーサ・オヘダへ行きました。今回は、ブルゴスを代表するクラシカルバル、パンチョに行きましょう!

だいたいブルゴスは、セントロ(中心)に宿をとる

マドリードやバルセロナやサン・セバスチャンへリアル旅行に行ったことがある方だと、だいたい街の中心地で一泊、ホテルだと100ユーロ〜200ユーロのイメージあると思います。

ブルゴスは、劇的に物価が安く、宿代も安いです。なので、ぜひセントロ(中心、旧市街)で宿をとると良いです。朝から夜まで中世の町並みで過ごすことができます。

オススメの宿に到着(バーチャル)

スペインの三大大聖堂、ブルゴスのサンタ・マリア大聖堂目の前の超贅沢な立地でダブルベット60ユーロくらい、(2020年時点)オテル メソン デル シッド。おすすめ、美しすぎる大聖堂満喫できます。

ブルゴスなら中心地〜周辺、50ユーロもあれば綺麗なペンション〜ホテルたくさんあります!

ホテルからバルへ繰り出す(バーチャル)

ホテル目の前の階段を降りて大聖堂前の広場へ。

大聖堂を贅沢に通り過ぎながら、奥の小道へ進みます。

Calle La Paloma(パロマ通り)を入って進みます。この通りは、個人がやっている小さな本屋さんや、おしゃれなジュエリーショップや、すごく古いカフェテリアなどもあって散策におすすめの通りです。

パロマ通りをまっすぐ進んで行くと、薬局があります。交差するカルデナル・セグラ通りを右折します。

プラサ・マジョールに到着。

プラサを左方面へ、細いサン・ロレンソ通りを進みます。治安良いのでご安心を。

カーサ・パンチョにキター!(バーチャル)

左側にPancho、あります。この通りは、新旧たくさんのバルが並んでいて、金曜の夜などは人がごった返します(また、その景色が安全に戻ってくることを祈って)。

カーサ・パンチョではこれを食べる(バーチャル)

ブルゴスで飲む白ワインはもちろんルエダ

パンチョの名物はこれ。コホヌード(チョリソーのピンチョス)とコホヌーダ(モルシージャのピンチョス)

いつも品の良いおじさまたちでぎゅーぎゅーで、店員さんもテキパキ、活気があって本当に良いバルです。

お客さんもスタッフもぎゅーぎゅー
季節の食材で料理を作ってくれます。

昔は、名物のコホヌードとコホヌーダを頼むと、店員さんが半ば絶叫してオーダーを通す、それが名物だったんですが、きっとなくなってしまうのかもなぁ・・

ブルゴスに行く時にはまた確かめてきます!

http://barpancho.com/barpancho.php

また一緒にバーチャルトリップしましょう〜!さよなら、さよなら〜!

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です