スペインの市場でお買い物



地元の食品を自分で調理して楽しむという選択肢

行きたいバルや、行きたいレストランがたくさんあって、でも胃袋はひとつしかないので、どのバルを優先するか、どのレストランを捨てるかの選択に迫られるスペイン旅行。

そんな貴重な一食の中にぜひおすすめなのはメルカード(市場)で季節の、その地元の食材を購入し自分で調理すること。

大きい町では、キッチンつきのアパートメント的宿泊施設がある場合があります。

ワインを買って、食材を選び、調理する。かなり幸せ感あるのでおすすめです。

ブルゴスの市場でお買い物

去年9月にブルゴスを訪ね、友人宅で昼食をとりました。

まずは市場に。ブルゴスは内陸の町なので、加工した肉製品の宝庫。写真は「Picadillo(ピカディージョ)」という、ピメントン、にんにくなどで調味した豚肉。

↓ブルゴスといえば、の丸いパン、Torta(トルタ)

フレッシュチーズの代名詞、Queso de Burgos(ケソ・デ・ブルゴス)は欠かせません。

友人がTortilla de patataの名人なので、じゃがいもは忘れずに。

キッチンでお料理スタート

これがオムレツ用のじゃがいもの正しい切り方。左手でじゃがいもを持って、ナイフで削いでいきます。

ブルゴス 市場

ピカディージョは弱火で焦げないように炒めます。

ブルゴス 市場

友人が買ってきてくれた生チョリソーはシードラ煮に

友人家族が手作りのチョリソーは、自家製独特のスモーク香がきいていて絶品。(家庭では腐らないよう煙をたきます。大量生産のチョリソーにはない味わい)

ハモンと、もうひとつ自家製のサルチッチョンをお皿に持って

友人家族の畑で採れたトマトをたっぷりのせたサラダを準備して

この肉!なテーブルがブルゴスらしく。

茹で上がった生チョリソーはぷりっぷり

友人自慢のトルティージャも準備OK

またまた友人家族の畑で取れたGuindilla(ギンディージャ、青とうがらし)の酢漬け

お供はゲタリアで買ったチャコリスパークリング!美味しいお酒もリーズナブルに楽しめます。

これも畑で採れたばかりのズッキーニとなす。薄切りにしてフライパンで焼くだけでご馳走。

地元のくるみは味が濃いことも知ります。

友人手作りのジャムと、ケソ・デ・ブルゴスの組み合わせは最高のデザート

市販品ですが、友人いわく「ブルゴスで一番おいしい」クアハーダ

簡単なものばかりだけど、地元の食材を調理するのは興奮します。

ぜひおすすめ、メルカードで食材調達、自分で調理。

日本でもできるスペインパーティ!

日本でもスペイン食材たくさん買えます。おうちでスペインパーティするなら↓

【冷蔵】イベリコ・チョリソ/スペインのサラミ ハモン イベリコ セボ デ カンポ スライス 80g スペイン産チーズ アソート セミハード4種のチーズセット 4Quesos(クワトロ・ケソス) 毎週火・木曜日発送

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です