スペイン語だけビールのこと、Cerveza(セルベサ)って言うの不思議じゃないですか?



Holaぐりすぺです。今週のスペイン食・文化研究所では、#スペインのクラフトビールごくり をテーマにしています。クラフトビールはスペイン語でCerveza artesana(手作りビール)と言いますが、ビールを意味するCerveza、その語源が気になって調べてみました。

スペイン語の「ビール」だけ仲間外れ!

ビアー(英語)、ビッラ(イタリア語)、ビーア(ドイツ語)ビエ〜(フランス語)、ベレ(ルーマニア語)ヨーロッパのビールは、Bから始まる名前がほとんどなのです。

イベリア半島だけ、ビールのこと、Cerveza(セルベサ)って言うの、不思議じゃないですか?

ちなみに同じイベリア半島に位置するポルトガル語ではCervejaだそうです。

ヘレスのクラフトビール、ラ・ヘレサナ

スペイン語でビールを意味するセルベサの語源

このCervezaという単語は、RAE(スペイン王立アカデミー)によるとCeltolatino(ケルト由来でラテン語と混じり合ってできた言葉)のcerevisĭaが語源だそうです。

またはWikipediaによるとやはりケルトのガリア語:cervêsïaが語源とも言われ、フランスの古典辞書プチ・ラルース(1905年出版)には、cervoiseという単語が記載され「ガリア時代のビール」と説明されているそうです。

このcervoiseという単語はLe livre de l’amateur de bière(ビール愛好家のための本、フランス)では、ラテンの大地と農業の女神とされるCeresの名前と、強さを意味するvisが合わさってできたと記載している、という記述もあります。

ケルト十字

結局ピレネー山脈は高かった

スペイン語学習者としてはRAEを一途に信じるとして、ケルトラテン語cerevisĭaを由来とするフランス語cervoiseを中世スペインではビールを意味する単語として取り入れ、その後定着します。

しかしなんと!このcervoiseという名前がフランスからスペインに入ってきたと言われる1480年ごろを境に、逆にフランスではcervoiseという単語が廃れたと言われています。

より麦の生産に向く気候条件のドイツを中心とする北ヨーロッパで、ラテン語Bibereから派生した名前bierでこの飲み物の生産が増え流行し、フランスでもBièreという単語を使うことが主流になっていったようです。

その”Bier波”はヨーロッパの様々な地域に届いたものの、ピレネー山脈の先には届かず、イベリア半島では中世からのCervezaを今でも使っているというわけ、だそうです。

cervoiseはピレネーを超えて入ってきたのに、bierが入ってこないわけはないので、何かあったんでしょうね、なんでしょうね(研究は続く・・・)。

スペイン語でビール
サンティアゴ・デ・コンポステラのバルにて、嬉しいサイズの生ビール

スペイン食・文化研究所とは

スペイン在住11年目、スペインのグルメを知り尽くした男こと、「スペイン食・文化案内人」Makoto Enookuと一緒に、ぐりすぺことわたくしErikoを管理人として、スペインの食・文化を楽しむFacebookグループです。

毎週テーマを変えてスペインの食・文化についてお話ししています。

参照:¿Por qué en español decimos “cerveza” y no un término derivado de “beer” como la mayoría de europeos?

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です