サンティアゴ・デ・コンポステーラのパラドールでランチ予約した

パラドール サンティアゴ・デ・コンポステラ


 icon-caret-right パラドールとは

歴史的建造物を再利用して、リフォームを行い、半官半民の宿泊施設として営業しているもの。1928年、アビラにスペイン最初のパラドール「パラドール・デ・グレドス」がオープン、2018年現在はスペイン各地に97軒のパラドールが存在します。

憧れのパラドール

スペインで宿泊するならパラドール!と思い続けているぐりすぺです。

元修道院や、石造りの古城で、歴史に思いを馳せながら眠るなんて夢のよう!で夢のまま現在に至ります。

スペインに行くと朝早くから夜おそーくまで出歩いて、宿では寝落ちするだけなので、熱いお湯がでるシャワーとベッドがあれば良いと思っていましたが、パラドールへの想いは募るばかり、

そしてとうとう!2018年!

初渡西から14年!

サンティアゴ・デ・コンポステーラの!

パラドールの!

レストランを予約しましたーー!

宿泊も見てみましたが、6月半ば、平日一泊250ユーロ/一人 です。

今回はAirbnbで一泊あたり20ユーロで抑えましたので、差額220ユーロ!さくっとあきらめました。

サンティアゴ・デ・コンポステーラのパラドールは、なんと「元病院」です。

街の中心、大聖堂のすぐお隣、正式名称は「Parador Hostal Dos Reis Catolicos」1486年、カトリック君主フェルナンド二世とその妻イサベルがサンティアゴ・デ・コンポステーラを訪れた際に、巡礼者たちのための王立病院として建築することを決定、王室建築家が1501年から10年の歳月をかけて完成させた建築です。

20世紀にパラドールとして再生、現在も世界中の旅人たちを受け入れ、癒す場所として健在しています。

Hostal dos Reis Católicos. Praza do obradoiro. Santiago de Compostela.jpg
De Angel Torres – originally posted to Flickr as Hostal dos Reis Catolicos, CC BY 2.0, Enlace

さて、一泊250ユーロは叶いませんでしたので、今回はパラドール内に2軒あるうちの1軒のレストランでランチをいただくことに致しました。

レストラン Dos Reis Especia ドス・レイス・エスペシア

パラドール内半地下、元はなんと、王立病院の馬小屋!だったという場所(石づくりの美しい室内)に、レストランがあります。

ガリシア地方の地元料理がランチ、ディナーでいただけます。

予算はだいたいランチで一人60ユーロ程度を考えています。

icon-external-link メニューはこちら(スペイン語)

予約はパラドール公式ページからできますよ

 icon-external-link サンティアゴ・デ・コンポステーラ パラドール公式ページ(英語、スペイン語他4か国語)

右上で言語切り替え、左下でレストランを選び、Book!

サンティアゴ・デ・コンポステーラ パラドール レストラン

2018年6月、サンティアゴ・デ・コンポステラ初日はこちらでランチ頂いてきます。

また写真など追加します!

 

 

パラドール サンティアゴ・デ・コンポステラ

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です