ランブロア LANBROA 用賀にできたバスクレストラン


バスク料理メインのお店がまたひとつ、東京にできました♡

ランブロア LANBROA

世田谷区用賀3-11-15 用賀駅東口より5分

03-6432-7017

バスク、サンセバスチャンの料理学校イリサールで学んだほか、名店で多く研鑽を積んだシェフの磯部 美木子さんと、ワインのスペシャリスト北澤 信子さんのお二人による、スペイン好き、バスク好きならくすぐられまくりのレストランです。

ランブロア 入口

バスク十字が切り抜かれたおしゃれな鉄製看板が目印です。

ランブロア 看板

店内は手前に4人掛けがひとテーブル、キッチンが見えるカウンターが5席です。

ランブロア 店内

まずはバスク産のシードラで乾杯がおすすめ

バスクシードラ

ランブロアのバスク料理

まずは「バスクといえば」のピンチョス、Gilda(ヒルダ)は、バスク産青とうがらし+オリーブ+アンチョビの組み合わせ。シードラと最高に合って食欲もがんがん引き立てます。

シェフが一匹一匹丁寧に準備した鰯の酢漬け、お酢しっかり、うまみぎゅっ。 

鰯の素揚げも頂きました。 シードラ、チャコリと最強のマリアージュ。

鱈のオムレツ。すっごい贅沢にたっぷりぷりぷり鱈が入っていて、ボリューミー。上に乗ったかりかりのポテトも混ぜておいしい。

優しい味わいの白いんげん豆の煮込み。

鶏のアーモンドソース煮。なめらかでコクのあるソースと柔らかいけど食感の良い手羽。

肉厚な鱈をしっとりソテー、香りの良いとろーりサルサベルデもバスク料理のスター的存在。

〆は素朴なチーズケーキと、絶品パステルバスコ(左)
しっとり、ぎっちり、お代わりしちゃいました。 赤ワインがすすむデザート。

バスク産オルッホを食後に。タライ・ベッリのものでした。 すっきりした味わい。

ランブロア、用賀にできた新しいバスク料理レストラン。

優しい味。シェフの笑顔そのままの味。丁寧に作っている、バスクの味。

またお邪魔します!

バスクに行きたくなったらこちらを読もう

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です