生チョリソーにはまる5つのレシピ

生タイプのチョリソー、もし手に入ったら試してほしい5つのレシピ

超簡単でおいしい「生チョリソの食べ方」

生チョリソのシードラ煮 Chorizo a la sidra

生チョリソのシードラ煮

●生チョリソ

●シードル なければ白ワインでも代用可能

<作り方>

チョリソを鍋に、シードラをひたひたに注ぎ、水気がなくなるまで煮る だけ!

ジューシーでコクがある生チョリソーのあふれる肉汁に、どこかりんごの柔らかな風味が相まって、おいしい。スペインの味。

合わせるなら、スペイン産のシードラを。
下記はバスク産、ヨーロッパで優れたシードラNo.7に選ばれた(10位にランクインした唯一のスペイン産シードラです)

生チョリソのグリル Chorizo a la brasa

バーベキューなら炭焼きで、ご家庭なら魚焼きグリルでも!

そのまま焼くだけ。ぷりぷり、じゅわー!パンたくさん必須です!

 

生チョリソのスクランブルエッグ Revuelto con chorizo

生チョリソは親指3本分くらい一口大にカットしてフライパンで炒める。油がすごい出るので、くっつかなければ油はひかなくてOK

別のフライパンで卵を3個目玉焼きに。このときに香りのよいオリーブオイルをひくとなお良し。
白身が白くなり、黄身が生のうちに油を切った生チョリソを加えてざっとたまごと合えて出来上がり。

 

生チョリソとレンズ豆の煮込み Lentejas con chorizo

生チョリソがあると、スーパーで売ってるレンズ豆の水煮缶で十分おいしくなります。他の豆(白いんげん豆、ひよこ豆でもおいしい)

●生チョリソ 親指3本分ほど

●たまねぎ 1個

●ニンジン 1/2本

●ピーマン 2個

●コンソメの素 1粒

●レンズ豆水煮缶 1缶

●水(水煮缶で一杯分)、塩・こしょう、あればローリエの葉一枚

<作り方>

一口大にカットした生チョリソ、野菜をオリーブオイルで炒めます。

しんなりしてきたらレンズ豆の水煮缶をどばーっと加え、水、コンソメ、塩・こしょう、ローリエを入れてくつくつ弱火で。

とろりと煮えたら出来上がり。じゃがいも入れてもおいしいです。

 

生チョリソとピキージョのボカディージョ bocadillo de chorizo

生チョリソは親指2本分ほど、縦半分にカットしてフライパンで火が通るまでソテーします。

バゲットは1/3のサイズにカットして縦割りに。

スライスしたピキージョピーマンと生チョリソを挟んでできあがり。

ピキージョピーマンは、スペイン北部の甘味が強いピーマンの種類で、市販の缶詰は炭火焼きになっているので味わいもぐー!ですがちょっと高いので・・

わたしはパプリカが安いときに多めに買って、オーブンで黒くなるまで焼き、皮をむいてオイルに漬ける、でしのいでいます。十分おいしいです。

ご家庭にひとつ、生チョリソ。



10 total views, 5 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です