アストゥリアス、ヒホンのベルモット専門店「GOLFO VERMUTERIA」


スペインでは空前のベルモットブームが(数年前に)盛り上がり、各地でベルモット専門店Vermuteria(ベルムテリア)が続々開店、ヒホンにも1軒おしゃれなお店がありましたのでご紹介します。

GOLFO VERMUTERIA ゴルフォ・ベルムテリア

https://www.golfobar.com/

アストゥリアス、ヒホンのベルモット専門店

ヒホンの海岸から二本入った通りにそのお店はありました。

住所:Calle Linares Rivas, 7, 33206 Gijón, Asturias

店内はネイビー×ホワイト×白木のさわやかなマリンカラー、笑顔の店員さんが迎えてくれます。店内は吹き抜けの階段を上がると二階席もあり。

アストゥリアス、ヒホンのベルモット専門店
アストゥリアス、ヒホンのベルモット専門店

黒板にはおすすめの記載あり、”GOLFOおつまみセット”は、ベルムー2杯、オリーブ、自家製ポテトチップス、ハムス、ムール貝の自家製エスカベッチェで20ユーロ。

アストゥリアス、ヒホンのベルモット専門店

ちなみにスペイン語でベルモットはVermúベルムー、ムーにアクセント)と言います。
こちらのお店では、スペイン全土の”クラフトベルムー”を楽しめるほか、各地のワイン、アストゥリアスのクラフトビールが飲めて、アストゥリアスの食材を使ったタパスも楽しめます。

GOLFOで飲めるスペイン産クラフトベルムー

銘柄によって多少の差はありますが、一杯2.5ユーロ程度です。一番高いのはガリシア産古酒のロデイロ、3.5ユーロ。

EL BANDARRA エル・バンダラ (ペネデス産)

ESENCIA DE TABIRA エセンシア・デ・タビラ(レオン産、プリエトピクード種100%)

MASCARÓ マスカロ(ペネデス産、パレジャーダ種・ウニ・ブラン種)

GUERRA RESERVA ゲッラ・レセルバ(ビエルソ産、メンシア種・ゴデージョ種)

NORDESÍA BLANCO ノルデシーア・ブランコガリシア産、アルバリーニョ種100%)

LODEIRO ロデイロ(ガリシア産古酒使用)

PERUCCHI GRAN RESERVA ペルッチ(バルセロナ産、マカベウ種主体)

FORZUDO フォルスド(ビエルソ産、ドーニャ・ブランカ種100%)

ALMA DE TRABANCO アルマ・デ・トラバンコ(アストゥリアス産、アイレン種+地元醸造所トラバンコのシードラ)

ROXMUT ロスム(アストゥリアス産、地元醸造所カスタニョンのシードラ)

https://www.golfobar.com/carta-restaurante

せっかくなのでアストゥリアス産ベルムーを

頂いたのはアストゥリアス産、シードラ100%ベースのベルムー、ロスム。地元では有名なシードレリア(シードラ醸造所)カンタニョンのシードラを使用しています。

アストゥリアス、ヒホンのベルモット専門店
アストゥリアス、ヒホンのベルモット専門店

オレンジスライスと緑オリーブを入れるのがお約束、そしてこのグラスが「ベルムーグラス」です。

薬草の味わいの奥に、残ってます、ちゃんとりんごの香りと酸味。シードラをベルモットにして良いか悪いかは別として、レア感楽しめました。

お店の名前「GOLFO」とは

スペイン語が話せる人は、「なんて名前だ!」と思うかもしれません、Golfoは「女たらし」「遊び人」の男性を指す言葉です。

オーナー曰く、「彼がGolfoだから」とカウンターの中のお兄さんを指し、お兄さんは「オーナーがGolfoだからに決まってる」と言い返していました。

はい、どちらもイケメンでした!

おしゃれイマドキ系バル、アストゥリアスな食事もしっかり楽しめて地元産のベルムーが飲めるのは貴重。

本来食前酒として飲まれるベルムー、夕食前に一杯、食事をしながら味比べ、食後のデザート代わりに一杯、幅広い使い方ができそうなお店、ベルモット専門店ゴルフォでした!

ぐりすぺも次回もう少しヒホンに長く滞在することがあればまたイケメンに会いに(違う)、ゆっくりベルモットを飲み比べして楽しみたいお店です。 ヒホンに行く際にはぜひ!

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です