サンティアゴ・デ・コンポステーラで行って”すごく”良かったバル4軒



「絶対次回も再訪したい」”すごく”良かったバル4軒をご紹介します。

世界の西の果て、スペイン・サンティアゴ・デ・コンポステーラ。

事前に評判の良いバルを15件ほどピックアップしていました。

そのうち「絶対次回も再訪したい」”すごく”良かった4軒をご紹介します。

ガリシア地方は他地域(大都市やバスク地方など)に比べてネット上の情報も極端に少ないので、サンティアゴ・デ・コンポステーラに限られた時間滞在する方で、ひしめくバルの中「行くならどこがいい?」と迷う方へシェアできればうれしいです。

※今回、タコのガリシア風は旧市街ではあえて食べていません、「サンティアゴならここ」と「世界一のタコ」の村に行く予定だったため



O Gato Negro オ・ガト・ネグロ

「黒猫」の名がついた、サンティアゴ・デ・コンポステラの旧市街で数軒「生き残った」昔ながらのバルのひとつ。魚介全般が美味しいと聞きつけ行ってきました。良かった!

  • サンティアゴ・デ・コンポステーラ バル ガト・ネグロ

住所:Rúa da Raíña, s/n, 15702 Santiago de Compostela

サンティアゴのバル通りとして名高いフランコ通りと平行して、やはりおいしいバルが軒を連ねるライニャ通り。黒猫の看板がかわいい。

入口脇のショーケースは、他のバルに比べて地味ですが、昔ながら感がたまりません。

店内は、ちょっと写真がわかりづらいのですがいたってシンプル、重厚感があるわけでも美しいわけでもありません(が!それがいい!)

ワインはピッチャーで出てきます。クンカと呼ばれる(スペイン語ではTaza・タサ)器でいただきます。

魚介はBerberecho(ベルベレッチョ、ザル貝)をチョイス、蒸し煮にしたぷりぷりの新鮮なベルベレッチョ、小粒ですが口中に広がる海の味!

さらにガト・ネグロは「エンパナーダが美味しい」との噂あり、レジ横のワイン樽に載せられたエンパナーダ数種からタコのエンパナーダをチョイス。皮は厚めのパン生地、中はジューシーな玉ねぎ、赤ピーマンにほろほろのタコ。

他にもサンブリーニャス(ベビー帆立)とバカラオ(塩鱈)のエンパナーダがありました。

お店を切り盛りするおじさんも感じ良し◎

Bar Orella Restaurante バル・オレジャ

サンティアゴ・デ・コンポステーラ バル オレジャ

店名は「耳」のガリシア語、看板は豚さん。豚耳のタパが人気のバルです。

  • サンティアゴ・デ・コンポステーラ バル オレジャ

住所:Rúa da Raíña, 21, 15702 Santiago de Compostela

上記の黒猫バルと同じ通り。

店内はリフォームされていてきれいめ、ちビールで乾杯。(ちビールは、Corto/コルトとお願いすると小さめグラスで出てきます)

塩漬けした豚の耳をふるっふるに茹で、オリーブオイルとPimentón picante(辛いパプリカパウダー)がかかっています。味は強め〜でもビールすすむ君です。

Zorza(ソルサ、豚肉のパプリカパウダー・ニンニクマリネをソテーしたもの)とLacón(ラコン、豚前足のハム)のコシード(茹でたもの)も。量が多い!と言う人も安心、写真はRación (ラシオン、一皿の意味)サイズですが、Tapa(タパ、小皿)でもオーダーできます(と頼んだ後に知りました)

もし食べきれなくても、どのバルも基本お持ち帰りOK!

¿Podemos llevar el resto? 残りを持ち帰っても良い? と聞いてみると、OKの場合は包んでくれます。

しっかり味の豚耳やソルサは冷めても全然超おいしいので、ぜひ宿に持ちかえって寝酒のつまみに・・。

Trafalgar トラファルガル

サンティアゴ・デ・コンポステーラ バル トラファルガル

今度は虎!全部看板動物シリーズになっていますが、こちらはムール貝が有名なバルです。

  • サンティアゴ・デ・コンポステーラ バル トラファルガル

住所:Praciña do Franco, 1, 15702 Santiago de Compostela

スペイン料理で有名なタパスに、Tigre(ティグレ、虎の意味)で、ムール貝の殻に、ムール貝の中身入りベシャメルを詰めてパン粉をつけて揚げる、というタパスがあるのですが、こちらトラファルガルのティグレは、蒸したムールにどろーっとしたソースがかったもの(という説明がいかにも美味しくなさそうですが、ムールの出汁が効いたおいしいソースです)

ビールはレモンジュース入りのClara con limón(クララ・コン・リモン)で爽やかに。どこのバルにもあるし、ビールやワインを飲みつかれたときに重宝します。おいしい。

サンティアゴはただタパ文化あり、ちょびっとエンパナーダもらいました。

ソースはぴりっと辛め(ピメントン・ピカンテが入っています)で汗かく味わい、大きなかごでパンがどーんと出てくるので、お皿に残ったソースもパンにつけてむしゃむしゃ。

辛いのが苦手な方も、Vinagreta(ビナグレッタ、刻み野菜をビネガーで味付けしたものをムールにのせたもの)やシンプルなワイン蒸しのムールもあります。一皿6ユーロ、ソースが美味しかったのでまた行くと思います。

(ちなみにすぐお隣のバルも、同じようにムールをぴり辛どろーりソースで出すのですが、貝自体がおいしくない日だったか、もともと鮮度低いもの出しているのか・・ハズレ!)

O FILANDÓN オ・フィランドン

サンティアゴ・デ・コンポステーラ バル オ・フィランドン

まるでお肉屋さん!?奥に入ると世にも不思議な世界が広がる不思議なバル。

  • サンティアゴ・デ・コンポステーラ バル オ・フィランドン

住所:Rúa da Acibechería, 6, 15704 Santiago de Compostela

外観も、ちょっと入り口から店内を覗いた感じも完全に食料品店。ショーケースにはチーズや腸詰が並び、壁にはワインがずらーり。

でも、奥に入ると小さなテーブルとカウンターのスペースがあって、おいしい肉製品やチーズを豊富なワインで楽しむことができるバルです。

ただタパのボリュームにびっくり、おいしいガリシアパンにサラミとチョリソーがつまようじでとめたものなんですが、パンが美味しいのでこれだけで十分お酒飲めちゃいます。

つまようじで留めてあるものはそれだけではなくて、訪れたお客さんたちがメッセージを書いた紙ナフキンが壁一面に、つまようじで留められていました。もれなく私も書いてきましたよー

ハモン美味しそうだったので一皿注文。お皿からはみでるサイズで10ユーロ。

ただタパがボリューミーなので、最初の1軒目で軽くビール一杯でも良し、ワインメニューが良い(ガリシアを中心にその他地域も豊富)ので、座れる席があればゆっくりハモンとチーズで楽しむのもありだと思います!

以上4軒!
美味しい・居心地が良い・また行きたい の条件で選びました。
サンティアゴ・デ・コンポステーラに行ったらぜひ〜!

サンティアゴ・デ・コンポステーラ バル

 



\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です