TOURISM

スペインを振り返る⑨リオハのおすすめレストラン


年があけ、2年越しの旅行記となっておりますが、おすすめのレストランを紹介したく、書いていきます。


スペインを振り返る①ビルバオ(2013収穫期の旅)はこちら

スペインを振り返る②ゲタリア(2013収穫期の旅)はこちら

スペインを振り返る③サンセバスチャン(2013年収穫期の旅)はこちら

スペインを振り返る④アスティガラガ(2013年収穫期の旅)はこちら

スペインを振り返る⑤マルティンベラサテギ(2013年収穫期の旅)はこちら

スペインを振り返る⑥ぶらりサンセバスチャンはこちら

スペインを振り返る⑦リオハへ(2013年収穫期の旅)はこちら

スペインを振り返る⑧ナバーラ(2013年収穫期の旅)はこちら

リオハの州都ログローニョといえば、素朴なタパスを提供するバルが軒を連ねるCalle Laurel(ラウレル通り)が有名です。連日観光客と地元客で賑わう通りと平行する通り、Calle Augustin(アウグスティン通り)に、お勧めのレストランがあります。

リオハ エル・リンコン・デ・アルベルト

El rincón de Alberto (エル・リンコン・デ・アルベルト)

Calle San Agustin 11, 26001 Logroño, España

日中に訪問したワイナリーのメンバー達の行きつけレストラン、15人も入ったら満員になる小さなレストランです。
あまりの美味しさに、二晩続けてお邪魔したレストラン。

通りまで人が溢れるお隣のラウレル通りとは違い、静かなアウグスティン通り

IMG_2536

 

さくさくトーストにアンチョビのシンプルなタパスと白ワインでスタート

 

IMG_2507

 

季節の野菜、Borrajas(ボラッハス・チリジシャという野菜)、しゃきしゃきとした小松菜のような茎をオリーブオイルと刻んだハモンで煮浸しに

野菜のおいしいリオハならではの一品です。

 

IMG_2508

こちらも内陸らしい一品、羊の足の煮込み。さらっと上品に煮えていました。

IMG_2510

 

赤ピーマンのマリネと自家製ポテトフライ、これだけでワインが進みます。

IMG_2518

子羊のミートボール、ふわふわ柔らか。

IMG_2513

メインは大きな大きなチュレトン!

IMG_2521

カリカリの脂身も残さずにはいられない、味わい深いお肉は、お店で絶妙な熟成を経てから焼かれます。

IMG_2522

色がきれいなリオハワイン塩をかけて

IMG_2525

かぶりつかせて頂きました。

11507_535820739831604_504716580_n

IMG_2516

IMG_2523

デザートはトリッハ(硬くなったパンを卵・牛乳に浸して焼く、フレンチトーストに似たスペインの家庭のデザート)の概念を覆すとろとろトリッハ!卵液にじっくり浸して柔らかくしたパンをバターでじっくり焼いたものに、生クリームのキャラメルソース、かりかりのクランブルがかかっています。全員感動、二日連続で食べました。

IMG_2530

IMG_2511

ログローニョに行ったら、ラウレル通りでタパス巡りも楽しいけれど、じっくり腰を落ち着かせて、リオハの伝統料理にほっとする夜もぜひお勧めしたい、季節ごとに訪れたいレストランを見つけました。

IMG_2541

コメントを残す

*