スペイン・田舎のパン Pan de pueblo by Iban Yarza

スペインのパン 本


スペインのパン研究家、イバン・ジャルサによるパン本が2017年に発売されました。(ぐりすぺ史上最高の本♡)

スペインで一番売れているパンは、バゲットタイプのBarra(バッラ)と呼ばれるパンです。

スペインのランチの定番セット:ワイン、ガセオサ(ワインを割る甘い炭酸)、パン(バッラをスライスしたもの)

スペイン パン

他にも、スペイン全土のパン屋さんでは、クロワッサン、フォカッチャ、チャパタなど海外でポピュラーなものが並んでいます。

スペインは、パエリアを食べるイメージが強いのと、日常食があまり知られていないので「主食がパン」と言うと驚かれることもあります。

スペインの主食はパンです。

Pan candeal(パン・カンデアル デュアル小麦を使ったスペイン内陸のパン)

乾燥・高温というスペイン内陸部に適応したデュアル小麦と、少ない水分で練り上げるパン。

スペイン パン

Torta de aceite(トルタ・デ・アセイテ 油の丸パンと呼ばれる、カスティージャ・イ・レオン州ブルゴスで食べられるパン)

スペイン パン

Pan de cea(パン・デ・セア ガリシア地方内陸で作られる、高加水のパン)

小麦の生産が少ないことから、水を増やして作るようになった。

スペイン パン

スペインの各地域には、長い間受け継がれてきた地元の形のパンがあります。数えきれないほど。

しかし、アンダルシアのパン屋さんにクロワッサンやフォカッチャが並ぶことはあっても、カスティージャ・イ・レオンのパンが並ぶことはなく、それぞれの地元でも、大手メーカーによる原料も製法も形も味も標準化された現代のパンたちの波に押されて、地元の田舎パンたちは姿を消しつつあります。

パン研究家の著者は、スペインの失われつつある地元の田舎パンを求めて国内2500kmを移動、パン、人、土地の約1000枚の写真とともに、スペイン東西南北のパンの歴史や作る人々の言葉を語っています。

多くの人にとって隣にあるのに気付いていない大切なもの、知らずに通り過ぎてしまった大切なものを、自然とともに、移り変わる環境とともに守り続ける人たちの美しい表情といったら。

スペインの北西、北、中央北、レバンテ地方、中央南、アンダルシア、カナリア諸島の地域ごとに地元の田舎パン350種とレシピ、歴史が網羅された全272ページ、スペインのワイン・食に携わる方必携です。

Amazonで買えます!



スペインのパン 本

\\ みんなにシェアしよう//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です