リベイラ・サクラの風景



2016年11月、ガリシア地方南部内陸のワイン産地、リベイラ・サクラへ行ってきました。

紅葉したぶどうの葉とシル川
紅葉したぶどうの葉とシル川

ミラドール・ド・ドゥッケ展望台

朝はまだ、靄のかかった山の上、シル川を望む絶景のミラドール・ド・ドゥケ(伯爵の展望台)に行きました。

リベイラサクラ 展望台
ミラドール・ド・ドゥケ

だいぶすり切れているけど、とりあえずは見れるマップがありました。

リベイラ・サクラ

オウレンセから車で1時間ほど、公共機関でいくのは難しいようです。

もし車をチャーターしたりするときは下記を運転手さんに伝えるとたどり着けると思います。

Desde Monforte coger carretera (LU-903) dirección Castro Caldelas. En el km 11 nos desviamos a la izqda., (justo en una curva) siguiendo el indicador de Vilar de Mouros, avanzamos durante 2 km, hasta encontrar un desvío donde continuaremos  siguiendo la indicación de Pallares durante 600 metros más. A partir de ahí volveremos a torcer a la derecha y continuamos otros 2km, hasta llegar a un aparcamiento amplio

SienteGaliciaより抜粋

展望台に立つ小屋は、地元産の岩盤が積まれています。

これがリベイラ・サクラの一般的な岩盤です。すこし黄色いのは鉄が含まれているから。近くによるときらきら・・水晶も混じっているのが特徴だそうです。

リベイラ・サクラ

幻想的なシル渓谷

リベイラ・サクラ
リベイラ・サクラの景色
リベイラ・サクラ
穏やかでまるで鏡面のようなシル川
リベイラ・サクラ
標高600mほど、山の急な斜面にあるリベイラ・サクラのぶどう畑

ワイン産地リベイラ・サクラ

ギマロの作り手 ペドロさんが厳しい目で見降ろす斜面
ギマロの作り手 ペドロさんが厳しい目で見降ろす斜面

足元に転がる脆いスレート上の岩盤がこのリベイラ・サクラの地域の特徴です。

雨が降ると崩れやすく、急な斜面とのコンビで人にとっては危険かつ厳しい産地であり、

リベイラ・サクラの畑
リベイラ・サクラの畑

この石だらけの土壌に根を伸ばすぶどうにとっても厳しい環境となります。

リベイラ・サクラ
リベイラ・サクラの土壌

一定間隔で、簡単な滑車用線路が。これで収穫用の箱を運搬します。

リベイラ・サクラの畑
ぶどうを運搬するレール
リベイラ・サクラ
収穫されず残っていたメンシーア種ぶどう

また別の展望台へ行くころ、天気が変わってきました。

リベイラ・サクラ
シル川
午後の柔らかな太陽の光を浴びる、紅葉したぶどう畑
午後の柔らかな太陽の光を浴びる、紅葉したぶどう畑
リベイラ・サクラの紅葉
リベイラ・サクラの紅葉
リベイラ・サクラの斜面
リベイラ・サクラの斜面

紅葉の葉の奥に見える山の斜面を水平に進む道は、ローマ時代からあった道とも

この道の下にあるシル川から上に登りながら収穫を進め、道にあがってぶどうを運んだそうです。

リベイラ・サクラ
ローマからある道
リベイラ・サクラ展望台
リベイラ・サクラ展望台

展望台から下に降りる少しの段差ですっ転んだので、「君はリベイラ・サクラでは働けないね」と言われました。残念。

リベイラ・サクラの小さな村

ガリシアの村
リベイラ・サクラ ガリシア
犬きた
リベイラ・サクラ
壁のなくなった家に、緑の蔦が延びるユートピアな世界

日本人だけでうろついていたら、屈強な犬を二匹つれたおばあちゃんに訝しがられました。

「あんたたち何してるの??」ほぼガリシア語だったので何度も聞き直しながら、ギマロのワイナリーに来たと伝えると安心してくれました。

世界のどこでも犬はかわいい。人懐っこく、犬らしかった。

ガリシアのおばあちゃんは必ずこれ着てる
リベイラ・サクラ
ぶどう畑

ガリシアの焼肉を楽しむ

ワイナリー訪問を挟み、ワインを数本持って近くの町Monforte de lemos(モンフォルテ・デ・レモス)へ。町で一番の肉が食べれる、というレストランへ。

モンフォルテ・デ・レモス
ガリシア 焼肉
店内には熟成中のガリシア牛が

5人だからこのくらい食べれるよね、と差し出された肉の塊!

90日熟成のガリシア牛です。

ガリシア牛
前菜はサンブリーニャス(ミニ帆立)のオイルオーブン焼き
前菜はサンブリーニャス(ミニ帆立)のオイルオーブン焼き
タコのガリシア風
前菜ふたつめ、タコのガリシア風は味が濃かった、海の味が。内陸のがタコのガリシア風は美味しいと言います。海側の人も言うくらいだからほんとです。
サラダ、ポテトは付け合わせ。量がどんぶり!
お肉越しの素敵なギマロのワインたち
ガリシア焼肉
まずは牛脂を鉄板に・・
ガリシア焼肉
90日熟成の香りがすごい

ガリシア牛は、スペイン全土で評価されているお肉です。バスクでも有名なレストランではガリシア牛を仕入れるとか。

バスクのチュレトン(牛の炭火焼き)は、塊で炭で焼くので中身のジューシーさがありますが、食べているとすぐ冷えていきます、ガリシアは寒いので、切り身を自分で焼きながら、好きな焼き加減で焼くのが好きだとのこと。

ガリシア牛じゅ〜〜!
塊をじゅ〜〜〜!

リベイラ・サクラの大切な宝、美しいワインを作り出すペドロさんに焼いてもらうお肉、おなか一杯いただきました。

秋のガリシア、内陸のリベイラ・サクラの美しさ、写真では伝えきれないけれど

本当に美しいのでぜひおすすめしたいです。

ガリシア地方のワイン観光なら

公共手段などでは行くのが難しいので、スペインワインのプロが案内するエノツリスモがおすすめです。

お隣のこちらもどうぞ

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です