バスク・サンセバスチャンの名物甘いもの屋さん


美食都市サンセバスチャンの有名お菓子屋さんといえば、旧市街入り口のオジャルツン

住所:Calle Igentea 2

場所はこちら

ラ・コンチャ湾の北に位置する市役所のすぐ裏手にある、旧市街入口にたたずむお菓子屋さんです。

スペイン語でOyarzun、バスク語でOiartzun表記です。Gozotegia(ゴショテギア)は甘いもの屋さんの意味。

1972年にサンセバスチャン近郊の村、オジャルツンで創業、1987年にサンセバスチャンの花形の土地へ引っ越しました。

パステレリア(Pastelería お菓子屋さん)であり、ボジェリア(Bollería  パン屋さん)であり、ボンボネリア(Bombonería チョコレート菓子店)でエラデリア(Heladría アイスクリーム屋)でもあるというサンセバスチャンの甘いもの大好きな人たちが愛するお店です。

見るだけでもあまーい気分!なショーウィンドウ

店内には朝食にぴったりなクロワッサンなどのパンなどもあり。

ハムとチーズ入りクロワッサン

バスクといえばのスイーツ、パステル・バスコ(Pastel Vasco)もミニサイズであります。これは嬉しい(ワンホールはきついので。。)

素朴でおいしそうなケーキやタルトが並んでいます。

どこか懐かしさがあるプティフールたちも全部買いしたい・・

イートインスペース、テラス席もあり◎

店内にはイートインできるスペースもあり。買ったお菓子がそこでも食べれますし、天気の良い日なら店頭のテラス席スペースも気持ちよいです。(HPでテラス席の写真やメニューなどいろいろ見れます

かじりながら旧市街を散歩しても良し。

下は朝8時ごろのサンセバスチャン旧市街、人がいなくて散歩にぴったり。この時間はガストロ系バルは全部閉まってます。

サンセバスチャンの名物お菓子屋さんでバスクのスイーツ楽しんでくださいね!

お店HPにて、人気TOP20のお菓子もチェック!

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です