【バスクグルメ】レケイティオに行ったらサンティさんのアプリコットクッキーが必食らしい



バスクのテレビ局EiTBの紹介動画で見て一目惚れ。バスク旅行のオプションとしてメモ。

バスク、レケイティオの街を食べ歩きしたいクッキー

1950年創業、Santi Gozotegia(サンティ・ゴショテギア、*ゴショテギアはバスク語でお菓子屋さんの意味)は、現在三代目の兄弟が切り盛りする素朴なお菓子屋さん。

粉糖たっぷり、アプリコットジャムぷるんのクッキー、”マルガリータ”がテレビに取り上げられていました。え、画質もあいまって、昭和ですか?(好き)


スペインのお菓子屋さんでは、クッキー単体はGalletas(ガジェッタス)と呼びますが、絞り出しやアイスボックスなどPastas de té(茶菓子)というくくりでたくさんの可愛いクッキーがあります。基本レトロ。

カフェと一緒に朝ごはんに、観光疲れの夕方のおやつに、いいんですよね〜甘いんですよね〜、サイズもそこそこ大きいんですよね〜

下記のビデオではご兄弟自ら、マルガリータの作り方もシェアしていますのでぜひ!レトロ!

レケイティオへの行き方

サン・セバスチャンからバスで海側を1時間30分ほど、美しい港とビーチが美しい小さな海辺の街です。

レケイティオの景色もどうぞ

今度行きます〜待っててね〜!

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です