TOURISM

バスク・アスティガラガのシードル博物館

シードル博物館 アスティガラガ

Sagardoetxea サガルドエチェア

シードル博物館 アスティガラガ

Museo de la sidra vasca Sagardoetxea

住所: Kale Nagusia, 48, 20115 Astigarraga, Gipuzkoa MAP

営業時間:11時00分~13時30分, 16時00分~19時30分 (日曜は午前の部のみ)

入館料:大人4ユーロ (HPで予約可能・スペイン語)

本場のシードラが飲めるおすすめの大人の遠足!



サガルド・エチェアはバスク語で「りんごの家」を意味します。

施設は主にバスクの土着品種のりんごの木が生えた丘と、バスクのシードルの歴史を簡単に展示した屋内施設になります。

シードル博物館 アスティガラガ

シードラ博物館

丘から見下ろすアスティガラガの家々

シードル博物館 アスティガラガ

シードル博物館 アスティガラガ

りんご拾い体験

IMG_1370

シードラ用のりんごは、熟れて地面に落ちたものを、柄の長い鎌のような器具で刺して、籠に集めていきます。

シードル博物館 アスティガラガ

伝統の製法を体験

収穫したりんごを、昔ながらの潰し器で潰す体験も。この棒がけっこう重い。これは重労働です。
IMG_1388

IMG_1389

本来はここに溢れるほどのりんごを入れて、掛け声を掛けながら潰していくそうです。
IMG_1391

畑には、昔々、シードラが手作りで作られていたときの古い耕作機が置かれていました。馬や牛に引かせて、土を耕す機械だったそうです。

シードル博物館 アスティガラガ

色々な品種の土着りんごを食べくらべ。そのまま食べておいしい品種では・・ないです!

シードル博物館 アスティガラガ

シードラの文化、歴史レクチャー

その後屋内へ戻り、一通りシードラの歴史や製造工程などのレクチャーを受けます。狭い施設ですが、昔ながらの器具などが置いてあって、マニアにはたまらない空間です。

シードル博物館 アスティガラガ

展示ミニチュアがかわいい

屋根がついている3階部分が地上に面していて、地下1階へ続く穴に落としてプレス、絞られた果汁が地下2階の樽へ注がれるという重力を利用したエコシステム。

ミニチュア大好きにはため息もの。

シードル博物館 アスティガラガ

まず一階の入り口からりんごが搬入されて・・

シードル博物館 アスティガラガ

地下一階へつながる穴から、プレス機に落として・・・

シードル博物館 アスティガラガ

絞った果汁は地下二階の樽で受け取ります。

シードル博物館 アスティガラガ

地下二階でプレスの動力となっているのは牛

シードル博物館 アスティガラガ

手で潰す工程は、時を経て牛に滑車を巻かせ、プレスする方法になっていたんですね。

試飲&おみやげ

ミュージアムには、その時期によって2種類のシードラを試飲できるショップがありました。
壁に建てつけてあるミニ樽から、シードラを飲むことができます。この日用意されていたのは、地元アスティガラガのシードラとフランス産シードラ。こちらでも、シードラの正しい飲み方を教わります。
「このグラスの側面に当てるのよ」と施設職員さん
IMG_1438

シードル博物館 アスティガラガ

畑を見て、昔の人のシードラ醸造の重労働さが身にしみた後のシードラは更に美味しく感じます。
他にもアルコール発酵をさせていないりんご果汁100%のジュース、
さらにシードラで造るアルコール度18%のリキュールは甘くて美味しい。日本では手に入らないレア物です。

IMG_1443 IMG_1446

ショップには様々な地域の多くのシードラがボトル販売されていました。

こちらもバスクらしい素焼きのピッチャー。バスクのシードラがボトリングされる以前、大樽からこのピッチャーに注ぎ、テーブルに運んで飲まれていたそうです。

シードル博物館 アスティガラガ

Theおみやげっぽいロゴ入りマグカップやシードラグラス、Tシャツなども盛りだくさん。そしてそれなりに高いです。

シードル博物館 おみやげ

シードル博物館

アスティガラガはサンセバスチャンからバスですぐ、日帰りどころか午前中だけミニ遠足としても行くことができます。

緑に囲まれた小さな村にはシードル醸造所がひしめいています。ぜひ本場のシードルを味わいに行ってみてください。

シードルの産地 アスティガラガ



コメントを残す

*