サンセバスチャンの市場 Mercado de la Bretxa

サンセバスチャン 市場



メルカード・デ・ラ・ブレチャ

Mercado de la Bretxa

営業時間:8時00分~21時00分

住所:Boulevard Zumardia, 3, 20003 Donostia, Gipuzkoa

旧市街にあるサンセバスチャンの市場へ。小さい市場ですが、やはり魚介など豊富で見ているだけでも楽しい場所です。昔は地上にある別の建物に入っていた市場だったのですが、その建物は今ショッピングモールとなり、現在の市場は旧市街からグロス(地域)へ向かった広場の地下にあります。
開発時、地下に古い城壁の遺跡が見つかったということで、ガラス張りの石壁も見ることができます。(かなり、ひっそりと)

下写真は、元市場で現在はショッピングモールの建物。現市場からすぐです。

ショッピングモール向かって左側の広場に地下の市場へ向かうエスカレーターがあります。

Charcutería(お肉屋さん)には子豚ちゃんが・・・

チーズ屋さんのスタンドには、羊ミルクのクアハーダ(凝乳のデザート)見つけました。これもバスクならではの味。

同じくチーズ屋さんのスタンドには、日本ではなかなか高価&自分で作るのは大変なメンブリージョ、こちらにはキウイや杏バージョンのメンブリージョもありました。

お魚コーナーはその陳列の仕方も一見の価値あり!日本では想像もつかないようなディスプレーです。

牙をむくメルルーサ

バスクの珍味、Kokotxa(ここちゃ、メルルーサや鱈の顎部分のV字筋肉、コラーゲンたっぷりでピルピルなどにする、メルルーサのものが高級品)の場所を改めて教えてもらいました。一尾にひとつしかないココチャ、高級品です。

この顎部分の逆さV字にあるのが、コラーゲンぷるぷるのココチャ

バスクの地鶏、ルマゴッリも売っています。

地上では近隣の農家の方が野菜や果物を並べていました。

サンセバスチャン 市場

袋に入ったのは白いんげん豆とトマト、パプリカ、ゲルニカ産ピーマンのセット。「作り方は?」と聞くと、「豆を水で戻してあとは一緒に煮るだけ!」笑ってそう言ったおばちゃんに、作ってもらいたいぐりすぺでした。

箱いっぱいのフレッシュ・ギンディージャ(青唐辛子)は酢漬けにして豆料理に合わせたり、サンセバスチャンでもっとも有名なピンチョス、「ヒルダ」(銀ディーじゃとオリーブ、アンチョビを串に刺したもの)になったりします。

小さいながら充実のサンセバスチャンの市場、ラ・ブレッチャ、バル巡り前の腹ごなしにぜひ!

サンセバスチャン 市場

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です