【和訳プロジェクト】トルティージャとトルティジータ



登録者数約76万人、スペインの「おばあちゃんのレシピ」を優しい笑顔のママ、カルメンが紹介する大人気チャンネルCocina con Carmen(コシーナ・コン・カルメン)とコラボ! ¡Gracias! どんどん和訳を追加していきます。

この時期を乗り越えて大好きなお店にスペイン料理を食べに行くときまでに、もっとスペイン料理に詳しくなって、スペイン料理を好きになっちゃいましょう!

今日は、スペインの国民的料理「トルティージャ・デ・パタタ」と、”ミニトルティージャ”を意味する「トルティジータ」を二つ紹介します。同じ名前だけど・・全く別物です!

Cocina con Carmen(コシーナ・コン・カルメン)とは?

お買い物に行って、お家で家族にご飯を作る。そんなとっても”普通の主婦”だったカルメンさんのお料理を、ぜひYoutubeで紹介しよう!と息子さんが始めたチャンネルです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は a1b713e35587ebd2bbd0d00fcd25cf4e-1024x276.jpg です
Cocina con Carmen

Youtubeのレシピチャンネルはもちろん、美しい写真のInstagram最新情報をチェックできるFacebookもフォローしてみてください。おすすめ!

トルティージャ・デ・パタタ

地域性の強いスペイン料理は、町ごとに食べられる料理ががらっと変わり、パエリアもアヒージョも食べない町もあります。

そんなスペインで、唯一全地域で「当たり前」に食べられるスーパースペイン料理が、トルティージャです。

スパニッシュオムレツ、という名前で、中に野菜などを入れて厚めに円盤型に焼いた卵料理という定義で語られますが、スペインでは基本、具はじゃがいもだけ。玉ねぎを入れる、入れないの話は、サッカーや政治の話くらいお互いが譲らないテーマでもあります。

カルメンのトルティージャは玉ねぎ入り、じゃがいものカットはコロコロスタイル(お芋がホクホクします)でした!

アンダルシア風鱈のトルティジータの作り方

本日のもう一つ、トルティジータです。Tortillitaと書きます。スペイン語では、この〜イート、〜イータという語尾を名詞に足し、〜ちゃんと可愛らしさを出したり、ミニ〜という小ささを表現したりする「縮小辞」という文法があります。

Señor(ミスター) Señorito(お坊ちゃん)
Señora(マダム) Señorita(お嬢さん)

では、トルティジータはミニオムレツのこと?と思うとなんと全く違うお料理になるんです!

小麦粉を溶いたタネに小海老などを入れてカリッと揚げる・・そう、かき揚げです!

スペイン語のトルタは丸いものを意味します。そこから派生した丸いオムレツと、小さな丸い揚げ物、というわけです。

今回は鱈のトルティジータ!おつまみにぴったり!!冷凍して作り置きもOK!

スペインらしい色合いの鶏ご飯もどうぞ!

また次回の動画をお楽しみに〜!

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です