バスク、シードラのメッカ・アスティガラガでランチ

バスク ランチ


バスク地方、ギプスコア県アスティガラガ。サン・セバスチャンから10kmほど内陸方面へ南下したところにあるこの町は、バスクシードラのメッカの地。

シードラ博物館・サガルドエチェアに行った際、地元らしいレストランに行ったのでシェアします。

バスク・アスティガラガのシードル博物館

EKAITZ エカイツ

バスク語で「嵐」を意味する店名です。

住所:Tomas Alba Kalea, 9, 20115 Astigarraga

 

 

バスク ランチ

紙ナフキンに書かれた文字もバスク語!

バスク ランチ

ランチメニューはないので、お店の方がメモを見ながら早口でその日のランチメニューを読み上げます。

バスク ランチ

スペインのランチ(Menú del día)のほとんどは、Primer plato(一皿目・前菜)、Segundo plato(二皿目・メイン)、Postre(デザート)で構成されています。

前菜はこれを頼んでみました。

Alubias verdes(モロッコインゲン)のニンニク・ワイン炒め 柔らかく火が入ったインゲンの優しい味。

バスク ランチ

バスク・ナバーラ地方で食される味わいの濃い赤ピーマン、ピキージョの詰め物。

バスク ランチ

これこそ「スペイン風」サラダ。ツナ、生玉ねぎ、オリーブ、レタス、トマト。自分でオイルとビネガーをかけて味付けします。

バスク ランチ

メインはこれらを。

赤魚のソテー(ぷりぷり)に、鯵の塩焼き(お醤油ください)、牛タンのソテー(でかい)、ポテトおいしい豚のソテー

バスク ランチ バスク ランチ バスク ランチ バスク ランチ

合わせるお酒はもちろん地元バスク産のシードラ!

ボトル1本2ユーロくらいです。

デザートはこちらなど

スペインのランチで一番おすすめのデザート、クアハーダ。牛や羊のミルクを凝乳させただけ、砂糖やはちみつをかけて食べます。

激甘のデザートが多いので、自然なミルクの甘さにほっとする味。

バスク ランチ

でも激甘系ももちろん頼んでいる人いました。これだけでおなか一杯になるチョコタルト。

バスク ランチ

「The スペインのデザート」と言えばのプリン。Flanと呼びます。ちょっとスがはいってるくらいの、硬い感じの焼きプリン、これがやっぱり一番おいしいですね。

バスク ランチ

こちらも激甘&ボリューミー代表、Torrijas(トリッハ)硬くなった前日のパンを卵液に浸して焼く、スペイン版フレンチトースト

バスク ランチ

地元の、ある意味「フツー!」のレストランで、シードラを片手に「フツー!」の食事を食べる、これはある意味、贅沢な旅の一コマです。

 

バスク ランチ

\\ みんなにシェアしよう//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です