第五回スペインワイン会 ナバーラの会


5回スペインワイン会 by GreenSpain+Plus!

今回のテーマは「Navarra ナバーラ」

いらしていただいた皆様、楽しい時間をありがとうございました。

今回は代々木八幡に6月にオープンしたばかりのArdoak アルドアックさん(過去紹介記事)の開店記念パーティも兼ねて、酒井シェフの最も得意とするクラシックな郷土料理の中から、北スペインの中では脚光を浴びることが少ないナバーラにスポットを当てて、酒井シェフのマニアックさを堪能しようという会でもありました。

本格クラシックが美しくモダンに盛り付けられたシェフ独特のスタイルのプレートに合わせて、これもやはり酒井シェフにチョイスしていただいたナバーラのワインたちをマリアージュ。

オープンしたばかりのぴかぴかの、でもどこか暖かみのあるアルドアックの空間で頂くナバーラの優しい味わいの料理、すっきりとして上品なナバーラワイン。とても素敵な会になりました。

アイテム(右から)

Ochoa Blanco オチョア・ブランコ(ビウラ73%、シャルドネ20%、モスカテル7%

Señorío de Sarria No.3 セニョリオ・デ・サリア(シャルドネ100%

Irache Rosado イラーチェ・ロサード(ガルナッチャ60%、カベルネソーヴィニオン40%

Zezen Rosado ゼゼン・ロサード(ガルナッチャ100%

Zezen Garnacha ゼゼン・ガルナッチャ(ガルナッチャ100%

Gran Feudo Crianza グランフェウド・クリアンサ(テンプラニージョ70%、ガルナッチャ25%、カベルネソーヴィニオン5%

ナバーラ産ホワイトアスパラガスと、ナバーラ産ポロねぎの冷製

ナバーラ料理の真骨頂、川鱒とハモン

酒井シェフのスペシャリテ、Pimientos del piquillo(ピミエントス・デル・ピキージョ)の詰め物

ナバーラ料理の定番、子羊のチリンドロン

ロンカルの丘で作られる羊乳のセミハードチーズ(ケソ・デ・ロンカル)。酸味と羊乳の香りがアクセント

ナバーラ産アニスベースリキュール、Pacharan(パチャラン)

左:ふむふむ

中:ごくごく

右:ぐいーっ

カウンター一列のスタンディングワイン会、シェフとの交流も図れて盛り上がりました。

ナバーラの食とワインを堪能、酒井シェフ、本当にありがとうございました!

891 total views, 2 views today

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*