スペインワイン100 No.7 ペトレア

高橋ソムリエのスペインワイン100

Petrea 2005

ペトレア

セパージュ シャルドネ85%  チャレロ15

D.O. Penedes (ペネデス)

テイスティングコメント

輝きのある濃いゴールドイエロー。グレープフルーツなど柑橘系、パッションフルーツやマンゴーなどトロピカルフルーツの香り、バニラやコーヒー、ハチミツの香り、そしてミネラルなど複雑な香りのバリエーション。アタックに樽からくるやさしい甘みがまず絡み、ボリームのある酸、果実味、そしてアルコールのボリュームが広がる。

アフターにやや収斂味を伴う苦味だが、アクセントとして心地よい。

各構成が非常にバランスよく、特にチャレロ由来の骨格のしっかりしたアルコールと苦味がこのワインの最大の魅力。カタルーニャワインらしいアーティステックなワイン。

エピソード

ペロ勤務時代に当時サンパウのシェフソムリエ櫻井氏にご教授いただいたワイン。そのエレガントさとオリジナリティがすばらしいワインです。アーティステックなラベルも受けがよく、ゴージャスな感じもオススメし易い感じ。

このワインの最大の売りはチャレロのアシスト性。絶妙な配合が、シャルドネ100%のワインとは一線を画す、骨太なスペインらしさを盛り上げます。

サービス

このワインの骨格を感じて頂くため、デキャンタしても面白い。やや大振りなチューリップ型のワイングラスでやや温度は高め8℃ぐらいがベスト。

あわせる料理はやはりリッチな海老料理などがよろしいかと。 カタルーニャ料理のサルスエラ(スペイン風ブイヤベース)にオマールなどの海老を入れてリッチに!!

テクニカル

良い年の最もよい葡萄から醸造。

アルコール発酵をステンレスタンクとハンガリー産の樽で行った後、マロラクティック発酵。同じ樽で10ヶ月熟成。

エチケットの絵は毎年著名な画家によるもの。2005はDavid Ribas Boldú

アルコール度数 14

インポート情報

インポーター イムコ

テイスティング情報、写真は2005ヴィンテージによるものです。

1,604 total views, 2 views today

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*