スペインの新年の味、ロスコン・デ・レジェスの簡単レシピ


「ロスコンデレジェス」についてはこちらをクリック

このレシピは、基本のロスコンのレシピではなく、日本でも作りやすい簡易(手抜き)バージョンです。

本当のロスコンには、agua de azahar(オレンジフラワーウォーター)が必ず入ります。

レシピ

直径約20㎝のリング型1個分

  • ドライイースト・・・3g
  • 砂糖・・・小さじ1g
  • 人肌のお湯・・・20g

上記を混ぜて暖かい場所で20分置いておきます。

  • バター・・・50g
  • 砂糖・・・30g
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 卵・・・1個
  • 卵黄・・・1個分
  • 牛乳・・・40㏄
  • 強力粉・・・200g
  • レモンの皮、オレンジの皮すりおろし・・・各1/4個分
  • ラム・・・大さじ1

バターはポマード状に柔らかくしておきます。砂糖、塩を加えて泡だて器でよく混ぜます。

溶いた卵、牛乳、レモン&オレンジの皮すりおろし、ラムを加え良く混ぜます。

予備発酵させたイースト、粉を混ぜてざっくり合わせたら捏ねていきます。

最初はべたべたですが、ボウルに叩きつけるようにして5分程すると、ぺったり、指にくっつかなくなってきます。

全体で15分ほど捏ね、なめらかになったら丸めて、倍量に膨らむまで一次発酵させます。

ロスコンを作るのは1月の寒い時期、なかなか常温だと時間がかかるので、レンジの発酵機能を使うのもおすすめ。

倍量に膨らんだ生地は一旦ガス抜きをし、10分ほど休ませます。

リング状に成型、飾り付けをしたら再度1時間ほど発酵させます。

200度に予熱したオーブンで15分焼いてできあがり。
ふわっふわの生地です。

今回の飾りはレモンスライスとポップシュガー、本来はドレンチェリー、アーモンドスライスなどを飾り、生地自体にもオレンジフラワーウォーターで風味を付けます。

こちらのレシピは簡単バージョンです。水平にスライスして間にクリームを挟み、フェーブを隠してみてください。

クリームを挟まないでそのまま食べるなら、もう少しお砂糖増やしても。

\\ みんなにシェアしてね//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です