ガリシア

タコのガリシア風 Pulpo a la gallega 

タコのガリシア風

ガリシア料理と言えば・・

Pulpo a la gallega タコのガリシア風

タコのガリシア風

茹でたタコとじゃがいもにたっぷりのオリーブオイル、ピメントン(パプリカパウダー)をかけた一品です。

本来の名前はPolbo á feira(ポルボ・ア・フェイラ)、ガリシア語で祭りを意味するFeira風のタコ料理、が発祥です。

この料理はスペイン全土に広まり、一般的に「ガリシア風」のタコとして呼ばれるようになりました。

大鍋で茹でるタコ

 

タコのガリシア風

なぜガリシアの祭りに欠かせない料理となったのか、これには諸説ありますが、古代ギリシャ人の文献にも残っている(らしい)男性のための「タコパワー」が一説あるそうです。タコを食べると
男性の欲望が刺激され男らしいパワーに満ち溢れるそうで、祭りの後に期待をこめてタコを食べた、という話が今でも交わされます。

また、ガリシアではタコの入手が非常に容易く、また安価であったことから祭りで多く用いられたという話もあります。

柔らかくなるよう煮る前に冷凍、または叩いたタコはたまねぎ、ローリエの葉とともに煮、小さく切って粗塩を振り、Pimentón(ピメントン、パプリカパウダー)とオリーブオイルをふりかけ木のプレートに盛られて提供されます。

ジャガイモをいっしょにタコと煮込む場合もあり、また叩いた生のにんにくを添える場合もあります。

タコのガリシア風が一番おいしい村 オ・カルバジーニョ もぜひ読んでくださいね。

 

 



関連記事

  1. パラドール サンティアゴ・デ・コンポステラ サンティアゴ・デ・コンポステーラのパラドールでランチ食べてきた!…
  2. サンティアゴ・デ・コンポステーラで行って”すごく”良かったバル4…
  3. バルデオンチーズ バルデオンチーズ Queso de Valdeón
  4. 影さえも美しい、サンティアゴ・デ・コンポステラ。
  5. ガスパチョ 8月1日はガスパチョの日
  6. サンティアゴ・デ・コンポステーラ ミステリーツアー 魔法のサンティアゴ・フリーツアーに参加してきた
  7. テティージャ スペインチーズ ケソ・テティージャ Queso tetilla 
  8. エルカミーノ 神楽坂 エルカミーノ 神楽坂

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 鶯谷からバスクを想うバル、サルデスカ  サルデスカ 鶯谷
  2. サンセバスチャンの「見るだけで楽しめる」旅動画10選 サンセバスチャン
  3. ボケリーア 神田  ボケリーア 神田
  4. モンフォルテ・デ・レモスで熟成肉を焼肉で ガリシア 焼肉
  5. ブルゴスの市場 Mercado Norte OR Municipal Market スペインのチーズ

スペインワインを飲もう

  1. リアス・バイシャス
  2. リベイロ ワイナリー
  3. スペインワイン

北スペインのおいしいもの

  1. オウレンセの市場
  2. パドロン
  3. スペインのチーズ
  4. ガリシアのホタテ

日本のスパニッシュ

  1. 鳩ごはん アメッツ
  2. ガリシア料理 アルドアック
  3. ラ・パンサ 銀座 オーナー
  4. morimori 七里ガ浜
PAGE TOP