FOOD

ピミエントス・デ・エルボン

ピミエントスデエルボン

パドロンの名で有名なピーマン、ガリシア産の正式名称は・・

ピミエントス・デ・エルボン

Pimientos de Herbón/ Pemento de Herbón

”スペインの食料貯蔵庫”と呼ばれる、食の宝庫ガリシアで、ひときわ目立つ野菜といえば、日本のしし唐に似たピーマンの一種、ピミエントス・デ・パドロンです。

ピミエントス・デ・エルボン

http://www.pementodeherbon.com/より写真引用

日本ではピミエントス・デ・パドロンの名前で知られていますが、ガリシア以外の産地(アルメリア、ムルシア、バレンシア、モロッコ)でも生産され、ピミエントス・デ・パドロンの名で市場に出回ることが増えたため、それらとガリシア産の区別をつけるために2005年に原産地呼称が認められ、その名をピミエントス・デ・エルボンとしました。エルボンは、ガリシア州ア・コルーニャ県の南部に位置するパドロン自治区の教区のひとつで、このパドロン種が初めて持ち込まれた場所です。

原産地呼称名:D.O.P ピミエントス・デ・エルボン(ガリシア語:ペメント・デ・エルボン)

品種:パドロン種

ピミエントス・デ・エルボン

ガリシアにおけるピーマン生産の歴史

ガリシアに初めてピーマンの種が持ち込まれたのは17世紀、メキシコ・タバスコ州のピーマンの種が、パドロンの教区エルボンに位置するエルボン修道院のフランシスコ会修道士たちによって持ち込まれました。

Convento de San Francisco de Herbón.JPG
エルボン修道院 Photo from Wikipedia 

18世紀には、乾燥させ挽いたピーマンがエルボンで販売されていた記録があり、また同じころにこのパドロン種の生産方法なども修道士から農家へ伝えられていたことが記されています。

貴重なピーマンの種は慎重に扱われ、当時エルボンの外へ出すことはなかったと言われています。

ピミエントス・デ・エルボンで認められた生産地(自治体名)

ア・コルーニャ県の南部に位置し、オ・サル地域にあるパドロン、ドドゥロ、ロイス
ポンテベドラ県の北部に位置し、カルダス地域にあるポンテセスーレス、バルガ

90%はパドロンの教区であるエルボンで生産されていることから、原産地呼称の名がエルボンと選ばれました。

ピミエントス・デ・エルボン

http://www.pementodeherbon.com/より地図参照

この地域は丘に挟まれ海風や大陸風が避けられる穏やかな気候のため、小ぶりで柔らかく味わいの良いピーマンが収穫できます。

長さが4~5センチの短いサイズで、わりと丸みがありふっくらしています。

ガリシア産ではないパドロン種で、暑い地域で作られたものは、サイズが大きく育つそうです。

ピミエントス・デ・エルボンの特徴

重さ:3,5~4,5 g/個

長さ:3,5 ~5,5 cm

直径:約1,5~2 cm

なめらかで輝きのある緑色、肉厚は1,5mm程度。

日本のしし唐同様”当たり”がたまにありますが、通常は甘みの強い味わいです。

この、パドロン種の辛味成分は、抗がん作用や鎮痛効果などが研究されており、農業分野では動物よけや虫よけに使用されています。

ピミエントス・デ・エルボンの旬

収穫は5月~10月31日までと決められており、市場に並ぶのもこの時期です。

これ以外の時期のものは、原産地呼称を外れて栽培されるものとなります。

ピミエントス・デ・エルボンの販売パッケージ

ピミエントス・デ・エルボンは、定められたパッケージ業者(七軒のみ)によって200g入りまたは400g入りの袋に詰められ出荷されます。それ以上の容量になると、商品にダメージなどを与えないか検証されたもののみ出荷可能となります。

袋には、原産地呼称のマーク、原産地呼称名、製品番号などの記載が義務付けられています。

ピミエントス・デ・エルボンの原産地委員会に指定されている7軒のパッケージ業者はこちら

ピミエントス・デ・エルボンのレシピ

油で揚げて、岩塩を振るが一番ポピュラー・伝統的な食べ方です。

その他、エンパナーダの具にしたり、チーズと合わせてパンにのせたりなどします。

5月~10月のガリシアへ行かれる方はぜひ、食べてください。

参照:http://www.pementodeherbon.com/

 

そのほかのガリシアの原産地呼称製品(D.O.P)はこちら

原産地認証製品(I.G.P.)はこちら

  • カスターニャ・デ・ガリシア(ガリシア栗)
  • ファバ・デ・ロウレンサ(ロウレンサ豆)
  • グレロス・デ・ガリシア
  • ラコン・ガジェゴ(すね肉の加工肉)
  • ミエル・デ・ガリシア(はちみつ)
  • パン・デ・セア(セア村のパン)
  • パタタス・デ・ガリシア(ガリシアじゃがいも)
  • ペメントス・ダ・アルノジャ(アルノジャ産ピーマン)
  • ペメント・ド・コウト(コウト産ピーマン)
  • ペメント・デ・オインブラ(オインブラ産ピーマン)
  • タルタ・デ・サンティアゴ(アーモンドケーキ)
  • テルネラ・ガジェガ(ガリシア産子牛肉)



関連記事

  1. カブラレスチーズ ケソ・カブラレス Queso cabrales
  2. タコのガリシア風 タコのガリシア風 Pulpo a la gallega 
  3. オビエド オビエド、シードラ飲むならガスコナ通り
  4. サンティアゴ・デ・コンポステーラ カフェ 朝食はここで決まり!世話焼きおじさんが朝から優しいサンティアゴ・…
  5. スペインのチーズ ブルゴスの市場 Mercado Norte OR Municip…
  6. サンティアゴ・デ・コンポステーラで暗黒ツアー?
  7. レオン タパス レオン、タパスの聖地
  8. タコのガリシア風が一番おいしい村 オ・カルバジーニョ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. バスク・アスティガラガのシードル博物館 シードル博物館 アスティガラガ
  2. 【NEWS】スペイン国内全空港でスト開始の可能性 スペイン空港スト ニュース
  3. スペイン単語帳:Vから始まるスペイン料理用語 Vではじまるスペイン料理用語
  4. スペインワインの地でバス×エノツーリズモ リオハ ビノブス 
  5. サンティアゴ・デ・コンポステーラ、市場で買った魚介を調理してくれるレストラン

スペインワインを飲もう

  1. リベイロ ワイナリー
  2. リアス・バイシャス
  3. スペインワイン会
  4. パンチョ 辻堂
  5. ブルゴスの人気バル

北スペインのおいしいもの

  1. トゥロン
  2. ガリシアのホタテ
  3. メンブリージョ
  4. バルデオンチーズ
  5. ガリシアの野菜

日本のスパニッシュ

  1. 鳩ごはん アメッツ
  2. ガリシア料理 アルドアック
  3. ラ・パンサ 銀座 オーナー
  4. morimori 七里ガ浜
PAGE TOP