FOOD

サンティアゴ・デ・コンポステラのおとぎ話のパン屋さん

ガリシア パン屋さん

サンティアゴ・デ・コンポステラのパン屋さん

聖なる道の最終地点、サンティアゴ・デ・コンポステラ。Plaza do Obreiro(プラサ・ド・オブレイロ)の広くすりへった石畳の広場に立ち、苔むした大聖堂に目を向ければ、太陽は知らずに傾く。時が違う速さで流れるのは、サンティアゴ・デ・コンポステラの街が持つ魔法か。
縦横に走る石造りの細道、レトロなショーウィンドウに伝統の商品を並べる小さな商店が密集する、サンティアゴ・デ・コンポステラの旧市街は、地図を持たずに迷い込みたくなる、おとぎ話のような街。



そんな街で、とても素敵なパン屋さんを見つけました。

ガリシア パン屋さん

細い道を何度も曲がって、ふと見つけた小さなショーウィンドウには、柔らかそうな茶色のパン。

お店の外観はこちら。
ガリシア サンティアゴ・デ・コンポステラ パン屋

Pan Artesán A troía

パン アルテサン ア・トロイア

HPがあり、スペイン国内なら通販もできます。

住所:c/ Troia, 8. Santiago de Compostela

TEL:981 587 159

カテドラルのあるPlaza do Obreiroから、カテドラル向かって右手の細道を入り、すぐを左折してカテドラル裏手の階段を上り、右細道を入ったら、すぐを左折してから右折、ひとつめの角を左にはいるとCalle Troia(Rua Troia)・・・・Infoで地図をもらうことをオススメします。

小さなお店。一歩店内に入ると、甘くやさしい香りに包まれます。

ガラスの瓶に入れられた、多彩なフレーバーのクッキー。100グラム単位で買えます。

ガリシア サンティアゴ・デ・コンポステラ スイーツ クッキー

ガリシア サンティアゴ・デ・コンポステラ スイーツ クッキー

香料や着色料、保存料などを一切使わない、手作りのクッキーたち。

どれにするか迷います。

店頭にあったパンの質感は、もっちり、ぎっしり、どっしり。

私が食べたのは、ダブルチョコレートのパン。ほろ苦いチョコレートが練りこまれた生地に、たっぷりのチョコチップが入ったボリューミーなフレーバーでした。

そのしっとりとした食感はどこから来るのと

店主のベルナルダさんにその秘密を聞くと、

「生クリームをたっぷり使っているのよ」とのこと。

優しいベルナルダさんは、写真は恥ずかしいとのことでしたが、

お店の奥から日本人の友人にもらったというポストカードや、抹茶の筒などを持ってきて

色々お話をしてくれました。

いろいろと悩んだ挙句、結局一番ベーシックなアーモンドのマンテカード(ラードのクッキー)を購入。

マンテカード ガリシア サンティアゴ・デ・コンポステラ スイーツ クッキー

直径5cmの、ほろほろくずれるアーモンドの焼き菓子です。
紙で包んで、袋に入れてくれました。

甘く香ばしい香りが充満する小さな店内で、ガラスポッドに入れられた素朴なクッキー。

ガリシア クッキー

ちょっと種類を紹介します。

  • Delicias de queso(デリシアス・デ・ケソ) チーズクッキー
  • Figachos(フィガチョス) いちじくとピスタチオのクッキー
  • Lagrimas de hibisco ハイビスカスの涙 クッキー
  • Pastas de azafrán サフランクッキー
  • Pastas de cafe con naranja al curry コーヒーとオレンジにカレーの風味のクッキー
  • Pastas de chocolate con limon チョコレートとレモンのクッキー
  • Pastas de jengibre al salvia  ジンジャーとサルビア風味のクッキー
  • Pastas de romero ローズマリークッキー

これ、ほんの一部です。

あと、一つ特筆すべきこと。

このA troiaでは、予約制でTarta de Santiago(タルタ・デ・サンティアゴ)を作っています。

前日の午前中までに店頭または電話で予約すれば、翌日には準備しておいてくれます。

アーモンドとお砂糖、卵だけで作るこのタルトは、

町中のお土産屋さんでもたくさんパックして売られています。

値段も安いけれど、手作りのものと味は大違い。

このA troiaのタルトは、余計なものは一切入れない、本当のTarta de Santiago。

アーモンドの香ばしさと柔らかい甘さが口いっぱいに広がり、飲み込みたくないほどのもっちりとした食感。

ぜひ、Tarta de Santiagoを試すなら、このA Troiaのものを。

小さな小さなRua(通り)でひっそりと、ほがらかな女性が手作りのクッキーとパンを販売する、

おとぎ話に出てくるようなパン屋さん。

サンティアゴ・デ・コンポステラで迷子になって、ふと見つけたあのお店が、おとぎ話ではなく現実であることを願って。



コメントを残す

*