スペイン語で「おいしい!」を伝えるいろいろな表現

スペイン語 おいしい

スペイン語で「おいしい!」を伝えるいろいろな表現

みなさんの好きなスペイン料理は何ですか??

わたしは・・Tortilla de patataです~

トルティージャ・デ・パタタ
My トルティージャ

 

旅行先のバルやレストランで、作ってくれた人に伝えたい「おいしい~♪」の一言、スペイン語のいろいろな表現をご紹介します。

一番耳にする、最初に覚えやすいのは、

Está bueno!

直訳の意味としては、「Goodです!」

buenoは形容詞なので、形容する名詞に応じて性と数が変化します。

例:(La tarta)Está buena. Los pinchos de este bar están buenos .

その他、美味しいの度合順に、「おいしい」形容詞を並べてみました。
美味しい度合い① Sabroso/sabrosa(味わいに満ちている ※味が濃いの意味も)

美味しい度合い② Rico/rica(豊かな味わい)

美味しい度合い③ Esquisito/esquisita(優れた味わい)

美味しい度合い④ Delicioso/deliciosa(美味)

※形容詞なので、Estarと組み合わせて、形容する名詞によって性数変化しますよ~!

 

そして、「とてもおいしい!」という表現として「Muy」を形容詞の前に付けると強調できるのですが、

美味しい度合い③、④あたりは、すでにSabrosoよりもRicoよりも上級の「とってもおいしい!」という意味になるので、ここにMuyをつけると表現が過多、重複してしまうため、Muyと組み合わせることはありませんので覚えてくださいね。

例:Este pincho de croqueta está muy rico pero este de solomillo está delicioso.

ニュアンス:このコロッケのピンチョスはすごくおいしいけど、こちらの豚ひれ肉のピンチョスは格別においしい。

bueno, sabroso, rico はMuyと組み合わせてもOK、

日常で「おいしいBueno, ricoがもっとも自然、一般的な表現です。

そのほか、口語で良く使われる「おいしい」の表現として、

Para chuparse los dedos(指もなめちゃうほど)

例:¡Este guiso de pollo está para chuparse los dedos!

スラングなので使わないほうがいいけれど、聞いたときにびっくりしないようにこちらも:

de puta madre(ものすごくいい、食べ物以外にもやばいくらい良いを意味する)

puta 娼婦 madre 母 の単語の組み合わせで一見攻撃的な言葉と思いきや、最高!の意味で使われます。でも決して上品な言葉ではないので、よっぽど仲の良い友人同士でふざけて言う程度にしたほうが。

例:¡Qué bueno! ¡Está de puta madre!  なんておいしいんだ!最高!

いろいろな「おいしい!」を日常の食事でも口に出して言ってみてください。気持ちを込めて発音するのがポイントですよ~!

 

【PR】スペイン語を学びたい、スペイン語で話したい!という方は、自宅でスカイプ受講できるカフェトークでぐりすぺErikoのレッスンを受講してください。

スペイン語ならカフェトーク

Erikoプロフィールはこちら

特典ありの生徒登録はこちらから 500円相当のカフェトークポイントがもらえちゃいます。

一緒にスペイン語を話しましょう^^

299 total views, 1 views today

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*