スペイン語

スペイン語勉強 #5 お店で「~はありますか?」HayとTenerの違い

スペイン語勉強 #5 お店で「~はありますか?」HayとTenerの違い




バルやスーパー、薬局などで、「~はありますか?」と尋ねたいとき、どうやって聞きますか?

どうしても日本語の「ある」から、無条件にHayを使って聞いてしまう人多いです。

Hay は、動詞haberの非人称形で、後に名詞が続き、~がある、存在する という意味です。

でも実際には、「~はありますか?(置いてありますか?)」のニュアンスに近いのは、持つ、の意味を持つ動詞Tenerを使った疑問文です。

下記のふたつの文章を見てください。

 

①¿Hay tortilla de patata?

トルティージャ・デ・パタタはありますか?

②¿Tenéis tortilla de patata?

トルティージャ・デ・パタタはありますか?

①のHayを使った質問文には、「それが存在するか」というニュアンスが強いので、例えば「今日はトルティージャ・デ・パタタがありますか?」という質問がしたいときに◎

スペインでも季節ごと、または限定のメニューがあるときには、店の外に看板が出ていることがあります。

「Hay cocido」(今日は)コシードあり〼

②のTenerをVosotrosの形に活用させた疑問文には、「メニューとして(君たちは)持っているか」というニュアンスが強いので、初めて来たお店でメニューにあるか聞きたいときはこちらが◎

¿Qué vino tenéis? 何のワインがある? Tenemos mucho. たくさんあるよ。

 

食べ物に限らず、前回のスペイン語勉強 #4 リップクリームはスペイン語で何て言う? のように、物販のお店で品ぞろえを尋ねるときも、Tenerが使えます!

ぜひ使い分けてみてくださいね~

次はこちら・・・

スペイン語勉強 #6 動詞の活用は指さし戦法で



コメントを残す

*