NOTICIA

深夜のブラインドティスティング会

やってまいりました深夜の秘密のブラインドティスティング会

TwitterFBではもう過ぎた話題ですが、先日某スペイン料理店に24時過ぎわらわらとスペインワインオタクたちが集まったわけです。(9名)

参加者はそれぞれ1本ずつ、アルミホイルに包んだワインを持ち込み、営業後のお店の一角をお借りしてティスティング会スタート。

一人に二脚のワイングラスが用意され、2種類ずつ試していきます。
2015-04-06 03.04.29

配られたメモ用紙はさすがオタクのイベリア半島型(ポルトガル抜き)裏返しですけど

 

参加者のひとり、某スペインバルオーナーの鶏煮込み、会場となったお店のソパデアホなどもはさみます。

ぐりすぺの持ち寄りはクリームチーズonおせんべい、じゃがいも茹でただけ、スモークウィンナー

(持ち寄りはだいたい香りの強いものが嫌がられます、前回はピーナッツ入りの南部せんべいが、あまりにナッティな香りをふりまくので嫌がられ、今回はヘビースモークなウインナーのスモーク香がライバルたちの鼻を刺激しました)

 

会のメインとなるワインも、持ち寄った人のセンスと込められた思いが現れます、

得意な品種を持ってきて何が何でも1票をとりに走る人、

絶対誰も飲んだことのないであろう爆弾ワインを仕込んで全員をめくるめくミステリーに巻き込む人、

純粋にスペインワインが好きで、きらきらした目で飲みたいアイテムを持ってくる人、

ブラインドなのをいいことに自社ワインを持ち込んでこっそりコメント聞き出そうとする人、

 

たくさんの感情を込めてわくわくにやにやお店に集まりますが、結局ワインを含んだみんなの口からでるのは一様に

「えー!なにこれー!」

なわけです。

それが面白いわけです。

 

ワインに限らず、私たちは物の価値を多くバックグラウンドに依存している節があります、

ヒストリーがあろうが有名醸造家だろうが太った汗かきのおじさんが造っていようが、はたまた美人営業が売りにこようが

 

そんなの関係ねー!

 

並べて目を閉じて飲んだときに、心動かす味わいがあるかどうかが、依存せず、媚びず、飾らないで「好き」がわかるのがブラインドティスティングという遊び、学びの良いところ。

そんな深夜のブラインドティスティング会もはや、第一回からは5回目くらいになるのでは?

最初は3人だけでスタートしましたが、今や10名近くが深夜に「うおー!」とか「まじかー!」とか言ったそばから全員無言で真剣にグラスを覗き込む、みたいなことしてるわけですから、楽しいです。

2015-04-06 03.03.32

基本毎月1回はやるので、興味ある方はぜひご一報を

簡単な参加資格があります、

1./私はスペインオタクですと言い切れる人

2.飲んで楽しく過ごしたいのではなく、真剣にブラインドがやりたい人

3.深夜24時から活動可能な人

だいたいそんなところで、紹介制です。

一番品種を当てた人は次の会まで賞賛されます、ただし次の会でモロ外ししたら次の会までチラッとふくみ笑いされます

 

次回はガルナッチャ縛り!白、赤飲みまくりますよ~がんばるっ

2015-04-06 03.37.28

コメントを残す

*